愛=かなし


※以下のものは、「談話室」への阿部修義さんのコメントですが、阿部さんのお許しも得ないで勝手にこちらに移させていただきました。なぜかはお読みいただければお分かりと思います。

 「岩谷さんのブログは、先生が増設されてからは毎回拝読しています。先日も鈴木大拙のお話をされていたのを覚えてますが、この「大拙」という雅号と文章の主旨である「道化」とは密接な関係があるのではないでしょうか。先生が、中国思想とスペイン思想の関係性を以前示唆されていたことを思い出しましたが、東洋では、拙とか愚などを人間の道を歩む上で非常に尊重されていた歴史があったんだと思います。それは、利便性や物質欲など本来人間にとって枝葉末節なものよりも、もっと根源的な、全体的、普遍的なものを常に省みるようにと自戒を込めていたからだと思います。先生はこう言われています。

 「ドン・キホーテこそ道化の極致ではないでしょうか。」

 スペイン人にとってのドン・キホーテの生き方は、東洋での拙や愚の生き方に、そういう意味では近いのではと私は感じます。口先だけの軽佻浮薄な小才子には、それはバカげた、まさに愚かしいように見えるかも知れません。しかし、愚直に常に物事の根源に返った生き方をするには「道化」に徹することが、あらゆる相対に対応できるからなんでしょう。その道は険しく至難なものです。そして、その根底には常に愛がある、愛を「かなし」と読ませた古人の教養の高さを感じます。岩谷さんが先生に贈られた意味には、そういうことも含まれているのかも知れません。」

◆ 大事なお知らせを忘れていました。岩谷さんの個展が東京で開催されます。
日時 6月19日(火)~7月1日(日) 25日(月)はお休み
       11時ー19時 最終日は17時終了
場所 銀座 2-11-4 富善ビル 1F
   ギャルリーヴィヴァン
   Tel.03-5148-5051
  交通 都営浅草線東銀座駅A8、日比谷線東銀座駅A2
私は行けませんが、皆様どうぞいらしてください。

fuji-teivo

fuji-teivo について

佐々木孝(ささき・たかし)  1939年北海道帯広市生まれ。上智大学外国語学部イスパニア語学科、同大学文学部哲学科卒業。清泉女子大学、常葉学園大学、東京純心女子大学教授などを歴任。専門はスペイン思想・人間学。定年前に退職し、父祖の地・福島県南相馬市に転居、現在に至る。主な著書に『ドン・キホーテの哲学―ウナムーノの思想と生涯』(講談社)、『モノディアロゴス』(行路社)、『原発禍を生きる』(論創社、これは香港、韓国そしてスペインでそれぞれ翻訳出版された)、『スペイン文化入門』(彩流社)など。訳書にオルテガ『ドン・キホ-テをめぐる思索』(末来社)、同『哲学の起源』(法政大学出版局)、マダリアーガ『情熱の構造』(れんが書房新社)、ビトリア『人類共通の法を求めて』(岩波書店)ほかがある。  なお著者はブログ「モノディアロゴス」(http://fuji-teivo.com)で発信を続けるほか、『モノディアロゴス』シリーズを初め20数冊の私家本(呑空庵刊)を作っている。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA