老いたる道化王


 一昨日、いつものアマゾンからのものではない、かなり大きな小包が届いた。縦横ともに40センチ、厚さ5センチほどのかなりの重さ。送り主の名前を見てすぐ合点した。そうだ銅版画だ!

 郡山市在住のメゾチント版画家・岩谷徹さんからの贈り物だ。急いで開けてみると案の定、頑丈な木枠の画面いっぱいに広がる白地の中央に縦横15センチほどのカラー版画 “Roi du Pierrot”(道化王)が埋め込まれていた。初めて直に見る銅版画、黒と赤と黄色を主調にしたまるで宝石のように色鮮やかな道化像。

 我がブログの右側の岩谷さんのサイト入り口にメゾチント版画家などと紹介しているが、実はメゾチントなるものがどういうものか詳しくは知らない。この際だからウィキペディアで少し調べてみよう。
             
 「メゾチント(Mezzotint)とは版画の凹版技法のひとつ。金属凹版にロッカーという櫛のような刃がついた器具で版全体に無数の刻みを入れたり、ささくれ状態の線をつくったりする。さらにその上をバーニッシャーやスクレーパーという金属のヘラのような器具でささくれを削ったりならしたりして絵を描き、刷る際にはインクを細かな刻みに擦り込んだ後に、刻みのない部分からは拭い落とす。これにより、刻みが残っている部分はインクの色が濃く現れ、刻みが削られたりならされたりした部分は白く浮き出るという効果が得られる。微妙な明暗の加減を楽しむことが出来るとされる。」

 なるほどと言いたいが、それでも良くは理解できていない。つまりそうして彫り上げた銅板からどうやって版画ができるのかが分からないのだ。つまり版画一般の作り方がそもそも分からないのだから手に負えない。

 いや技術的な詮索などは止めて、ともかく目の前の銅版画を鑑賞するにしくはない。ふつう道化そのものの滑稽さに目が行くが、しかし道化の本質は悲しみではないか。岩谷さんの描く道化王も深い哀愁を湛えている。銅版画の下方には確かにフランス語で道化王と書かれてはいるが、しかし送られてきた外箱には肉筆で「老いたる道化王」と書かれていた。矍鑠としておられるが現在81歳のご自身に道化王を重ねられたことは間違いない。それで氏にこんな礼状を書いた。

「前略ごめん下さい。
 びっくりしました。思ってもいなかった素晴らしい贈り物です。正直申せば、御作品を直に拝見したい、できうるならいつかそのうちの一点でも手に入れたいと願いながらも、美術品を購入する機会など一度もなかったものですから、どういう手続きが必要なのか見当もつかず今日に至っていました。
 我が家は亡母が作った二つの棟からできており、その新棟には息子一家、少し段差のある渡り廊下で繋がる旧棟に私たち老夫婦が住んでおりまして、その旧棟をいつからか「呑空庵」と名付けております。呑空、D・Q、つまりドン・キホーテの庵と洒落たわけです。

 今回いただいた銅版画「老いた道化王」は、その旧棟応接間の、ちょうど来客の正面になるよう配置させていただきました。下手な写真同封致します。

 さきほどドン・キホーテに触れましたが、ドン・キホーテこそ道化の極致ではないでしょうか。いつからかこのドン・キホーテが、大げさに言えば私の全思想、全生涯を統括する者になっていました。
 岩谷さんのブログを読んでいていつも思うのは、豪胆・果敢な生き方の底を流れる不思議な悲しさです。まさにドン・キホーテの生き方を実践されてこられた方と思ってました。

 今までいただいた何枚かのハガキに描かれた道化その他の人物たちにもその悲しみがにじみ出ています。それらハガキ、もう何枚になりましたでしょうか、いつか額縁に入れて飾りたいと思っているうち、今回のさらに豪華な贈り物でした。我が家の家宝として大事にします。

 最近のブログでしきりに老境について書かれていて、先輩より少し年下の私ですが、いちいち共鳴しながらも「先輩、頑張って下さい、私も見習いますから」とつぶやいています。

 少し長話になりましたので、今日は御礼の気持ちを再度お伝えしてこの辺で失礼します。どうかお元気で、そして賢夫人にもどうぞよろしくお伝えください、寝たきりの妻の介護で生涯お会いできそうにもないことが残念ですが、しかしいただいた絵を毎日眺め、そしてブログを読ませていただくことで満足しましょう。

                                五月十五日

岩谷 徹様

 追伸 私にとっては唯一と言ってもいい美術論を見つけましたので、恥ずかしながらコピーお送りします。二〇一三年、県立美術館で開催されましたスペインの造形作家ホセ・マリア・シシリアさんのカタログに依頼されて書いたものです、ご笑覧下されば幸いです。」

※ 文中、「賢夫人」などと書いたが、30年近くもパリでの修行を兼ねた(というより終始修行に明け暮れた)ご夫婦の生活を支えた奥様に心からなる敬意を感じていたからだ。

fuji-teivo

fuji-teivo について

佐々木孝(ささき・たかし)  1939年北海道帯広市生まれ。上智大学外国語学部イスパニア語学科、同大学文学部哲学科卒業。清泉女子大学、常葉学園大学、東京純心女子大学教授などを歴任。専門はスペイン思想・人間学。定年前に退職し、父祖の地・福島県南相馬市に転居、現在に至る。主な著書に『ドン・キホーテの哲学―ウナムーノの思想と生涯』(講談社)、『モノディアロゴス』(行路社)、『原発禍を生きる』(論創社、これは香港、韓国そしてスペインでそれぞれ翻訳出版された)、『スペイン文化入門』(彩流社)など。訳書にオルテガ『ドン・キホ-テをめぐる思索』(末来社)、同『哲学の起源』(法政大学出版局)、マダリアーガ『情熱の構造』(れんが書房新社)、ビトリア『人類共通の法を求めて』(岩波書店)ほかがある。  なお著者はブログ「モノディアロゴス」(http://fuji-teivo.com)で発信を続けるほか、『モノディアロゴス』シリーズを初め20数冊の私家本(呑空庵刊)を作っている。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA