出て来ぉ〜い!


 昨二日、夜は八時半からのFMひばりの放送時間が近づいてきたので、さて日頃使ってない小型ラジオでもセットしようかと思ったとたん、大変なことに気付いた。左耳にあるはずの補聴器が無いのだ。夕食前、頴美と一緒に美子を病室に見舞ったときには確かにあったはず。さあそれからが大変。日ごろから机周辺はバーミューダの魔のトライアングルよろしく、机から落下したものが不思議に消えてしまう。懐中電灯を点けての捜査もむなしく、なぜか消えてしまうのだ。そして数日後、思わぬところから出てきたりする。

 昨晩も暗い隅っこまで隈なく探したし、もしかして、と周辺の紙袋をひっくり返したりしたが出てこない。胃腸炎もすっかり癒えたので久しぶりに夕食に缶ビールを飲んだせいか、病院から帰ってきてからの我が行動がうまく思い出せない。降参! 息子夫婦に来てもらってさらに捜査網を広げたがそれも無駄に終わった。

 待てよ、もしかして病室で美子の方にかがみ込んだときに落としたか。まさかとは思ったが藁をもつかむ思いで、病院のナースステーションに電話を入れ、万が一病室に落ちていたら取っててください、と頼み込む始末。こうなると放送など聞く気にもなれず、未練たらたら、さらに二度、三度と机の周辺を探し回ったが、ないものはない。

 とりあえずは机に向かって、その時来ていた清泉時代の教え子E・Mさんへのメールにまでボヤキ節を書き込む。すると彼女から「補聴器だから、ちゃんと聞こえてると思いますが…」と彼女には珍しくボケをかましてきた。その時のメールの件名が、表題の「出て来ぉ〜い」。

 ところが補聴器君、おっとまだ正式に紹介してませんでした、彼はパリミキからレンタルで借りてきてまだ三日目の、耳穴にすっぽり入る超小型の補聴器で、レンタル中に失くせば四万円の損料を取られる代物。恥も外聞もなく騒ぎまわるだけのお値段である。

 ところが、ともう一度繰り返すが、E・Mさんの「出て来ぉ〜い!」という呼び声が聞こえたのか、それからしばらくして寝る段になって、丸椅子に腰かけてズボンを脱ぎ、股引を脱いだ時、足元にポロンと小さな塊が転げ落ちた。ウッソでしょー補聴器君だよーっ!

 つらつら考えてみるに、夕食時にビールを飲んだあと、まだ治りきらない皮膚炎、とりわけ背中のそれが猛烈に痒くなり、急いで孫の手を背中にこじ入れて掻いたとき、知らぬうちに補聴器君が襟元へ滑り落ち、そのままシャツとセーターの間を落下し、さらには緩めのズボンと股引の間をかいくぐって靴下のあたりで止まっていたらしい。

 もちろん翌朝、ナースステーションにお詫びの電話を入れたが、その時応対した看護師さん、先日の無愛想な彼女とは打って変わってとても感じのいい看護師さんで、補聴器が出てきたことを心から喜んで下さった。

 以上、桜の開花はまだまだ先のことですが、独居老人には迷惑至極の補聴器君の落花(落下)の舞のご報告。爾来、補聴器の落花(落下)狼藉を未然に防ぐ意味で、補聴器の下の小さな輪っかに輪ゴムを通して耳に掛けることにしました。♪♫

fuji-teivo

fuji-teivo について

佐々木孝(ささき・たかし)  1939年北海道帯広市生まれ。上智大学外国語学部イスパニア語学科、同大学文学部哲学科卒業。清泉女子大学、常葉学園大学、東京純心女子大学教授などを歴任。専門はスペイン思想・人間学。定年前に退職し、父祖の地・福島県南相馬市に転居、現在に至る。主な著書に『ドン・キホーテの哲学―ウナムーノの思想と生涯』(講談社)、『モノディアロゴス』(行路社)、『原発禍を生きる』(論創社、これは香港、韓国そしてスペインでそれぞれ翻訳出版された)、『スペイン文化入門』(彩流社)など。訳書にオルテガ『ドン・キホ-テをめぐる思索』(末来社)、同『哲学の起源』(法政大学出版局)、マダリアーガ『情熱の構造』(れんが書房新社)、ビトリア『人類共通の法を求めて』(岩波書店)ほかがある。  なお著者はブログ「モノディアロゴス」(http://fuji-teivo.com)で発信を続けるほか、『モノディアロゴス』シリーズを初め20数冊の私家本(呑空庵刊)を作っている。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA