再度、馬主さんに


※右の談話室に書いたものですが、本体の間が空き過ぎたのでこちらに移します。

 野嶋さん、お返事ありがとうございます。実は最初のメールを、もしかしてこれはフェイクかもしれない、と少し疑がってました。しかし文章全体からは書き手の誠実なお人柄が歴然としてましたので、これはモノディアロゴス君の馬主さんだと判断しました。それが今回のメールでさらに確実なものとなりました。疑いの切っ掛けとなったのは、野嶋さんが「談話室」投稿の際にメールアドレスを書かれなかったからですが、しかし昨今のフェイク横行の時代ですから当然の警戒と思います。
  
 さて今回のメールでモノディアロゴスという言葉に出会われた経緯が少し分かりましたが、でも文字通りの直訳「一人対話」から「魂の叫び」を連想されることは先ずあり得ないので、野嶋さんが目にされたそのスペイン人の文章は間違いなくウナムーノに関連したものではないかと思われます。前回も申し上げたように、この言葉は辞書にはなく、グーグルやヤフーの検索エンジンで調べてみても、ウナムーノか私のブログ、おっと現在はモノディアロゴス君に関連したものばかリですから。
 
 いずれにせよ野嶋さんの持ち馬と私がウナムーノを介して運命的と言ってもいいような出会いをしたことは間違いありません。
 
 実は今、今年の九月から東京とサラマンカという二つの都市でウナムーノにまつわる各種行事がスペイン大使館、サラマンカ大学、そして拙著『情熱の哲学 ウナムーノと「生」の闘い』の監修者である執行草舟さんの「戸嶋靖昌記念館」の三者の間で進められており、その下準備のため記念館の安倍三崎さんがサラマンカに飛んでいます。その彼女から昨日、ウナムーノ記念館でフランスの著名なウナムーノ研究者のレバテご夫妻に偶然出会い、ご夫妻に拙著を差し上げたそうで、その時もらったアドレスに、私からもご挨拶のメールを送ったのですが、そこにも今回の野嶋さんとの出会い、そして「焼き場に立つ少年」が教皇に渡った経緯を説明しました。 
 
 つまり前回のメールにも書きましたように、今回の珍しい出来事がすべてウナムーノがらみで展開したように思えてならないからです。今年の正月に新聞報道がなされたからご存知と思いますが、長崎原爆投下直後のあの少年の姿は、モノディアロゴス君の登場そのものを連想させるように思えるからです。右の「談話室」で阿部修義さんがこう書いていました。

「そういう発想をされた馬主さんが、どんな方なのか想像しています。きっと、劣勢からゴール間際でライバル馬を差すような強い馬になると思います。」

 どうか野嶋さんも、以後モノディアロゴス君とあの少年の凛とした姿とを重ね合わせて下されば嬉しいです。私は競馬に関しては全く何も知りませんが、今回初めてネットでG1が競走馬最高の晴れ舞台であることを知りました。それだけモノディアロゴス君に期待しておられるのでしょう。

 私(たち)も以後モノディアロゴス君の活躍を心待ちにしています。どうかこれからもお時間のあるときで結構ですから、モノディアロゴス君のこと教えてください。

 今回のメールでご子息が大学でスペイン語を学んでおられることを知り、びっくりしました。実はドバイで成績を出せなかった馬の名がディオスコリダーと聞いて、もしかそれはスペイン語のDios Corridaつまり神の走りではないかと思いましたが、当たってましたね。お二人ともスペインに関心をお持ちとは、また何たる偶然でしょう。私は生涯の大半を大学でスペイン語教師でしたから、ご子息のお勉強になにかお役に立つことがあれば喜んでお手伝いします。手始めに『情熱の哲学』でも差し上げたいのですが、このブログの上方にある「富士貞房と猫たちの部屋」にメールの欄がありますので、そこからご連絡ください。部外者には分からない個人的なメールアドレス交換になりますからご安心ください。最初からお返しをねだるのは、はしたないですが、モノディアロゴス君の写真どんなものでも結構ですからいただけませんか。

 以上、すこし長いお返事になりましたがよろしくお願いいたします。

fuji-teivo

fuji-teivo について

佐々木孝(ささき・たかし)  1939年北海道帯広市生まれ。上智大学外国語学部イスパニア語学科、同大学文学部哲学科卒業。清泉女子大学、常葉学園大学、東京純心女子大学教授などを歴任。専門はスペイン思想・人間学。定年前に退職し、父祖の地・福島県南相馬市に転居、現在に至る。主な著書に『ドン・キホーテの哲学―ウナムーノの思想と生涯』(講談社)、『モノディアロゴス』(行路社)、『原発禍を生きる』(論創社、これは香港、韓国そしてスペインでそれぞれ翻訳出版された)、『スペイン文化入門』(彩流社)など。訳書にオルテガ『ドン・キホ-テをめぐる思索』(末来社)、同『哲学の起源』(法政大学出版局)、マダリアーガ『情熱の構造』(れんが書房新社)、ビトリア『人類共通の法を求めて』(岩波書店)ほかがある。  なお著者はブログ「モノディアロゴス」(http://fuji-teivo.com)で発信を続けるほか、『モノディアロゴス』シリーズを初め20数冊の私家本(呑空庵刊)を作っている。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク

再度、馬主さんに への1件のフィードバック

  1. 阿部修義 のコメント:

     私たち人間は、一生の比較的長い時間に自分との対話が一番多くの時間を費やすのでしょう。それは、過去の出来事の回想であったり、将来への希望や不安など様々なことを自分に向かって正直に問う、そして答えらしきものを自分に言い聞かせる。それは、一度きりで終わらないものであり、人に聞けないものだったりする。人間は、自分の思い通りに事が進むことを常に願っているんでしょうが、思い通りにならない時に自分との対話が始まるんだと思います。ある程度人生経験を積むと、思い通りにならなかったから良かったんだと思うこともしばしばあることに気づく。そういうふうに考えてみると、モノディアロゴスという言葉の意味は、先生が言われる通り「一人対話」なんでしょうが、その対話を突き詰めていけば、「魂の叫び」とウナムーノが言ったように解釈できるのかも知れません。いずれにせよ、モノディアロゴスはウナムーノが作った言葉であり、この言葉はウナムーノと深い関係にあることは先生のご説明で十分私にもわかります。馬主の野嶋さんが、ドバイでの心の底から悔しいと思われたことが「魂の叫び」という馬名を思い起こさせ、それをスペイン語で何と言うかを調べられた中で、ウナムーノの言葉に出合われたということなんでしょう。「魂の叫び」とは、人間の真剣な境地からでしか生まれないものであり、それはまた、人生の厳しい条件のもとで鍛えられて発せられる命の言葉なんだと私は思います。モノディアロゴスと名付けられた野嶋さんの心を投影するような強いだけでなく、多くの観客に勇気と希望をも与えてくれる名馬になることを『モノディアロゴス』を愛読している一読者として祈っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA