『情熱の哲学 ウナムーノと「生」の闘い』発刊のお知らせ


カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク

『情熱の哲学 ウナムーノと「生」の闘い』発刊のお知らせ への2件のフィードバック

  1. 阿部修義 のコメント:

     右に掲げられている本の中に『プログレッシブ スペイン語辞典』がありますが、先生が「性悪なやつ(2003年2月17日)」でこんなことを言われていたのを思い出しました。

     「かく言う私も一度辞書作りに参加したことがある。大先輩のT教授に引っ張り出されたのだが、今から考えるといい経験をさせていただいたと感謝している。辞書作りはズブの素人だが、私なりの信念はあった。簡単に言えば、辞典はたとえいかに小さくとも宇宙を反映すべきである、という信念。だから新しい辞書編纂術と時にぶつかることもあった。humano(人間にかかわる)とalma(魂)という二つの単語の扱いで、特に頻度数をめぐって一人の編集委員と対立した。会社側もT教授も私の主張を認めてくれたのに、初版ではこれら二つの単語は低いランクの単語になっていた。しかし新版になるときに再度の主張が通って赤字の最重要語(千語)に格上げされた。(中略)一つ一つの言葉が学問的(?)分析にかけられる以前にすでに一つの思想であり、それらを集めた辞典はしたがって自ずと小宇宙を形成する。」

     先生の見識の高さをこの文章で感じたので、この個所は良く覚えていました。『情熱の哲学』も来年初めのころに池袋の書店で購入しようと思っています。最近アマゾンを利用することが多いんですが、アマゾンでしか扱っていない本以外は書店で購入しています。その本が置かれている回りにどんな本があるのかも楽しいですし、外出することで気分転換を兼ねて書店に出かけることにしています。

  2. 佐々木あずさ のコメント:

    昨日から、風ひとつない穏やかなお天気です。南相馬のお正月は雪は多いのでしょうか。モノディアロゴスをゆっくり読み味わう大晦日を過ごしております。
    さて、『情熱の哲学 ウナムーノと「生」の闘い』の発刊の知らせ、ありがとうございます。これは、何が何でも手に入れて「寄りあい処 呑空庵」の蔵書にしなければなりません!この理不尽で、不条理で、非倫理的で、愚思考の政治と世の中の、(あー、こんな単語でしか表現できないのが嘆かわしい)一条の光です。私に理解ができるかどうかわかりませんが、読書会で読み説いて理解を深めたいと思っているところです。先生、来年も、呑空庵主としてご指導いただけることを心よりお願いいたします。美子奥さまによろしくお伝えください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA