あゝよかった!


 今になってその幸運を、その僥倖を心から感謝している。まずは怪我をしなかった美子への深い感謝。

 昨日、昼少し前だったか、来年初めにも増補復刊されるウナムーノ論『情熱の哲学』のゲラ校正に没頭しているときだった。何かがボトンと落ちる音がした。時々右わきの手作り移動式書棚から本などが落ちることがあるから、それだと思って横を見てみると、何と美子がベッドからずり落ちる音だった。幸いすぐ傍にあった車椅子の足置きのおかげで頭を打つことはなかったが、美子は声ひとつ出さずうつ伏せになっている。抱き上げようにも、私ひとりでは無理と分かったので大急ぎで息子を呼んできてベッドに戻してもらった。どこも怪我しているようには見えない。

 普段は身動き一つしないので、食事時に少しベッドの端近くに寄せるのだが、これまで一度もずり落ちたことなどなかった。まったく油断していた。自分でにじり寄らなくても空気の入った柔らかいマットがベッドからはみ出ていたのかも知れない。

 すぐその後の訪看さんたちのケアの際も体をよく調べてもらったが、やはりどこも打撲などの跡はなかったようで安心はしたが、そのことが意識の中で一日中尾を引いていた。

 とにかく美子はもともと体が丈夫な方だった。走るのも私より早かった。机横の茶箪笥の引き出しに、小さなメダル入りの桐の箱がある。義父の字で、中蓋に「昭和三十年十月六日 秋季運動会 100メートル競走一着 十六秒 小学校女子最高記録 桜の聖母学院」 十六秒というのはそう早いタイムではないと思うが、ともかく一着、義父はよほど嬉しかったのだろう。

 痛くても泣き声一つ出せず、ベッドから落ちても無言のままの美子、申し訳なかった。これから絶対にこんなことが無いよう注意する。ベッドわきの柵もさっそく取り付けた。

★ デスクトップに「介護日記」というボタン(というのかな)があったのを忘れていた。二年前に書き出してそのままになっていたものだ。今朝は美子のベッド落下なんて残念な記録をしてしまったので、その埋め合わせに元気なころの美子の記録をそのままコピーしておこう。

2015年10月7日
 今朝、朝食の時、明らかにこれまでと違って、顔を撫で声をかけると、顔面が紅潮し、涙を滲ませた。もしかすると少しずつ良くなっていくかもとの望みが出てきた。頻繫に声をかけ、頬や両肩を抱いてあげることにしよう。

10月16日
敦子と頴美に送ったメール
時々ホウカンさんが嬉しい報告をしてくれます。
1.わきの下に手を入れたとき、「何するの?」と言った。
2.一昨日は、「何か美味しいもの食べたの?」と聞いたら「美味しいものなど食べない」と答えた。
パパにそういう経験は無いけれど、ホウカンさんが嘘をいうはずもないし、本当に嬉しいことです。愛ちゃんが近くにいればもっと進歩するかもしれません。パパも努めて話しかけます。

今日はまた、「手を挙げて」と言ったら、「どうやって?」とはっきり答えたそうだ。

10月23日
 今朝もヘルパーさんに「分かっている」とか数語はっきりした返事をしたそうだ。

fuji-teivo

fuji-teivo について

佐々木孝(ささき・たかし)  1939年北海道帯広市生まれ。上智大学外国語学部イスパニア語学科、同大学文学部哲学科卒業。清泉女子大学、常葉学園大学、東京純心女子大学教授などを歴任。専門はスペイン思想・人間学。定年前に退職し、父祖の地・福島県南相馬市に転居、現在に至る。主な著書に『ドン・キホーテの哲学―ウナムーノの思想と生涯』(講談社)、『モノディアロゴス』(行路社)、『原発禍を生きる』(論創社、これは香港、韓国そしてスペインでそれぞれ翻訳出版された)、『スペイン文化入門』(彩流社)など。訳書にオルテガ『ドン・キホ-テをめぐる思索』(末来社)、同『哲学の起源』(法政大学出版局)、マダリアーガ『情熱の構造』(れんが書房新社)、ビトリア『人類共通の法を求めて』(岩波書店)ほかがある。  なお著者はブログ「モノディアロゴス」(http://fuji-teivo.com)で発信を続けるほか、『モノディアロゴス』シリーズを初め20数冊の私家本(呑空庵刊)を作っている。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク

あゝよかった! への3件のフィードバック

  1. 阿部修義 のコメント:

     『峠を越えて』の最後の日1968年8月1日に先生から美子奥様に手渡された手紙の中で、先生はこう言われています。

     「これから二人の道、どんな難事にぶつかるかも分からないですが、どうかぼくを信頼してついてきてもらいたい。(中略)ぼくは理想の美子を追い求め、恋してるのではありません。今の美子を、もちろん欠点もある美子を愛しているのです。ぼくのこの姿勢は一生変わりません。」

     半世紀も前に先生が美子奥様に書かれた言葉を、その言葉通りに実行されている先生の誠実さを文章を拝読して私は感じます。口先だけの軽い言葉が氾濫している今の時代にあって、誠実であることの大切さと、そうあり続けることの難しさがわかる私には、先生の生き方に人間としての重みをひしひしと感じています。なぜか、ビリー・ジョエルの「Honesty」が聞きたくなりました。

  2. 中野 恵子 のコメント:

    ほんと!あ~よかったです!
    でもさぞ驚かれたことでしょう~。
    呑空庵代々木支部よりお見舞い申し上げます。
    お寒さが日に日に増してまいりました。
    お揃いでお元気で過ごされますように。

  3. fuji-teivo fuji-teivo のコメント:

    中野恵子様
     お見舞いありがとうございます。おかげさまでなんともありませんでした。受け身を知ってるはずもないのに、どこにも打撲の跡もありません。でもあれから、脇の柵をセットして、最大限注意するようにしてます。
     それよりも、中野さん、おみ足の方はいかがですか。どうぞお大事に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA