ちっちゃなことをこつこつと


 珍しいことに昨日に引き続いて今日もスーパーに行った。帰りに石原クリニックに寄って美子のエンシュア(缶入り栄養剤)をもらってくるついでに寄ってみたのだ。なぜかと言えば、昨日の買い物で、自動支払機(と言うのかな?)のカゴに小さな袋入りのシャープペンの芯をつい忘れてしまったからだ。帰宅後すぐにスーパーに電話して、そういうわけで万が一だれかが届けてくれたら明日あたり寄るから取っておいてくれないか、と名前を告げて頼んでおいた。

 たかが93円のためにそんな面倒なことを、と思われるかも知れないが、先日のブログにも書いたように雑多な用事をこなしていると、西川キヨシじゃないけれど、ちっちゃなことをこつこつ、という気持ちになる。

 果たしてだれか届けていたでしょうか? 他の買い物の後にレジの女の子に忘れ物のことを聞いてみると、何と!サービスカウンターに届いてますからどうぞ、と来た。しかし本当はたいして驚かなかった。たぶん届いているだろう、と予想していた。こんなこと、たぶんほかの国ではありえないと思う。悪気はないにしても、こんなものをわざわざ取りに来る人なんていまい、と思って自分の買い物かごに自然に(?)移すのではないか。いやそれよりも、そんな安物のために電話しないか。

 テレビで、わざと落とし物をして、それに気が付いた何人の人が落とし主に教えるか、の各国の統計を取るという番組があった。確かダントツに日本が多かった。自慢していいことではあろう。しかし震災後の我が同胞の行動について苦言を呈したことがある。つまり遵法精神と言えば聞こえはいいが、要するにお上(立法者)に飼いならされている、言葉はきついが家畜化されているだけ、と言い放ったことがある。震災後の緊急事態の最中でも役所その他公的機関の規則一点張りで融通の利かなさ、それに唯々諾々と従っている良民たちの態度に業を煮やしてのいささかきつい評言である。

 でも勝手なもので、今日のことなど、あゝ日本ていい国だなあ、と素直に(?)喜んでいる。しかしこのお話にはオチがある。つまりせっかく手元に戻ったその芯(太さ0.7ミリ)、手元のシャープペンシルには細すぎた、たぶん0.9ミリが正解だったらしい。

 まっ、いいさこのオチのために93円使ったと思えば(いやーそれムリムリ)

 話は突然飛ぶが、しかも思い切り、例の座間殺人事件の犯人、一見真面目で人当りもよかったらしい。これまでだってこうした猟奇殺人事件が無かったわけではないが、今回の犯人像はいまだはっきりしない。というより人間の内面の底知れぬ闇にただただ言葉を失っている。いずれ評論家たちが論評を始めるだろうが、正直この闇の深さに届く言葉があるとは思えない。もしかして、いやいやかなりの確率で、犯人はシャープペンシルの芯を忘れた老人に、もしもしこれ忘れてましたよ、と親切に教えてくれるような若者だったかも知れない。つまり人当りがいいとか礼儀正しいとかは、人格の最深部にまで届く徳性ではないということだ。

 またまた話が飛ぶが、アメリカの田舎町の教会での銃乱射事件、子供を含む20数名の犠牲者が出たとか。個人の武器保持を憲法で保障している国の、性懲りもなく繰り返される事件。今はだれだろう全米ライフル協会の会長は? かつてはチャールトン・ヘストンだったが、それを知ってから彼の映画を観る気にもならなくなった。

 そんな大事件が起こっているというのに、来日中のトランプはおざなりの挨拶をツィートしただけで、迎賓館の池の鯉に安倍と一緒に楽しそうに餌をやってる。まっアメリカの悪口も言えないな、日本には座間事件があるんだから。あーやんなっちゃう。

fuji-teivo

fuji-teivo について

佐々木孝(ささき・たかし)  1939年北海道帯広市生まれ。上智大学外国語学部イスパニア語学科、同大学文学部哲学科卒業。清泉女子大学、常葉学園大学、東京純心女子大学教授などを歴任。専門はスペイン思想・人間学。定年前に退職し、父祖の地・福島県南相馬市に転居、現在に至る。主な著書に『ドン・キホーテの哲学―ウナムーノの思想と生涯』(講談社)、『モノディアロゴス』(行路社)、『原発禍を生きる』(論創社、これは香港、韓国そしてスペインでそれぞれ翻訳出版された)、『スペイン文化入門』(彩流社)など。訳書にオルテガ『ドン・キホ-テをめぐる思索』(末来社)、同『哲学の起源』(法政大学出版局)、マダリアーガ『情熱の構造』(れんが書房新社)、ビトリア『人類共通の法を求めて』(岩波書店)ほかがある。  なお著者はブログ「モノディアロゴス」(http://fuji-teivo.com)で発信を続けるほか、『モノディアロゴス』シリーズを初め20数冊の私家本(呑空庵刊)を作っている。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク

ちっちゃなことをこつこつと への1件のフィードバック

  1. 阿部修義 のコメント:

     表題の「ちっちゃなことをこつこつと」の「ちっちゃなこと」と先生の文章の中にある「徳性」という言葉とは、密接なつながりがあると私は感じます。概して人間というのは、華やかなものとか今はやりのものに目を奪われてしまいがちですが、世の中の目立たないけれど欠くことのできない大切なものには案外無頓着なものです。しかし、人間性が出てしまうのは、そういうささいなこと、例えば挨拶の仕方とか靴のぬぎ方などにその人の生き方が凝縮されている場合があると思います。相手の美点を見ないで批判ばかりしている人の多くは、自分の欠点には盲目的です。大言壮語する人の多くは、実行力がない人が多いのも人生経験の中でよく見かけるものです。「徳性」というものは、内的なものであり、周りの変動にも動かされないもの、そして、「ちっちゃなこと」にこそ現れるものなんだと私は思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA