キクラゲだーっ!


 美子の食事の介助、と言ってもエンシュアという缶詰の栄養剤にとろみをつけたものを匙で口に運ぶだけのことだが、ゆっくり間隔を置いての作業だから途中いろんなことを考える。今晩もなぜか、いや明日Kさんが赤ちゃんを連れて遊びに来てくれることからの連想だったが、子供たちがまだ1、2歳の頃のことを思い出していた。南武線の稲田堤というところに住んでいたころのことだ。

 少し大きめの乳母車に双子の赤ちゃんを乗せて買い物に行く美子の姿が浮かんだ。そうだあのころ面白いことがあったっけ。つまり八百屋にしか売っていないものを魚屋さんで買おうとして、「奥さん、それはね、八百屋さんに行かなきゃ売ってないよ」と言われた事件。はて、それは何だった?

 このごろ特に、はっきり言えば一日一回は、固有名詞が出てこないで往生することがある。今晩もどうしてもその商品名が出てこない。まだ買い物に慣れない若妻の美子が間違えたその商品は? 魚屋さんにあると思ったんだから、何か魚の名前が付いた野菜? さてなんだったろう?

 エンシュアを美子の口に運びながら考えたけど、どうしても出てこない。イワシ、サンマ、果てはタコまでいろいろ考えてみるのだが。その名前に行きつく回路に目詰まりが起きてしまって、そのまま放置するとその回路は塞がったままになってしまう、なんて考えたら頭が痛くなってきた。

 でも出てこない。もうやーめた、と思った瞬間、急に思い出した。そうだキクラゲ、キクラゲだーっ!!!!
 
 そんな悪戦苦闘のことなど我関せず焉、と美子はめでたく完食。あゝこれでスッキリ!

fuji-teivo

fuji-teivo について

佐々木孝(ささき・たかし)  1939年北海道帯広市生まれ。上智大学外国語学部イスパニア語学科、同大学文学部哲学科卒業。清泉女子大学、常葉学園大学、東京純心女子大学教授などを歴任。専門はスペイン思想・人間学。定年前に退職し、父祖の地・福島県南相馬市に転居、現在に至る。主な著書に『ドン・キホーテの哲学―ウナムーノの思想と生涯』(講談社)、『モノディアロゴス』(行路社)、『原発禍を生きる』(論創社、これは香港、韓国そしてスペインでそれぞれ翻訳出版された)、『スペイン文化入門』(彩流社)など。訳書にオルテガ『ドン・キホ-テをめぐる思索』(末来社)、同『哲学の起源』(法政大学出版局)、マダリアーガ『情熱の構造』(れんが書房新社)、ビトリア『人類共通の法を求めて』(岩波書店)ほかがある。  なお著者はブログ「モノディアロゴス」(http://fuji-teivo.com)で発信を続けるほか、『モノディアロゴス』シリーズを初め20数冊の私家本(呑空庵刊)を作っている。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク

キクラゲだーっ! への4件のフィードバック

  1. 澤井禮道(哲郎) のコメント:

    南相馬大学佐々木総長!。
     総長の講義がありますと、「不思議で異常」な愚老も、安堵します。今日も、素適な講義を有難うございます。それにしても、ドウ考えて、ドウ想像力を働かせても、出来ないことを、現実におやりになっている総長に、心からなる敬意を払います。
     総長の御配慮のお蔭で、深大寺分校(総長の御命名では、『澤井セミナーハウス』と、大切な「モノディアロゴス」から直接、分校への道をお造り下さって、多くの本校受講生の皆様方が、ご来場いただいていますが、21日の講義?では、立ち見の方々が出るほどの盛況でした。と申しますのは、愚老憧れの「中央大学法学部」の前期授業に、参加で来るようになり、先週第一回目の講座に出席し、その報告の講義(或いは抗議?)をさせて頂いたものです。60数年前、「愚老門前払い」の話で、始まりました講義でした。
     それにしても、愚老の一番の慶びは、6年前の3月22日から、畏れ多くも、「モノディアロゴス」へのコメント書き込みで知った、「お読み願える」事への書き込みの妙味でした。
     総長がお教えくださった、この書き込みの妙味が、現在の愚老のブロ愚になって、今では82歳翁の生甲斐になっています。
     総長を始め、美子奥様、ご子息一家のご健康とご繁栄を、祈る事が、ささやかですが、愚老の恩返し、と勝手に「違い込み」しています。ドウゾ今後とも宜しくお願い致します。

    • fuji-teivo fuji-teivo のコメント:

      澤井禮道さま
       こんな優秀な卒業生を持てたのに中央大学も損をしましたね。
      思わず角帽をかぶった澤井さんの(しかも現在の)姿を想像してしまいました。

  2. 守口 毅 のコメント:

    キクラゲを魚屋に買いに行くということは、クラゲの名前からしてごく自然であり、また鳥貝と極めてよく似ていることからも、私は若奥様・美子さんの味方です。
    私は料理をよくしますが、そういえば八百屋でキクラゲを見たことがありません。乾燥シイタケみたいにして売っているんでしょうか。水で戻すのかなあ?
    よし、今晩は卵と青梗菜に黄もやしを炒めてその中にキクラゲを加えてみましょう。一日ひとつ新味が加わるのは、幸せなこと。fuji-teivoさん、ありがとうございます。

    • fuji-teivo fuji-teivo のコメント:

      今回は奥様とご一緒のご訪問、おかげさまで実に楽しいひと時を持つことができました。どうぞ奥様によろしくとお伝えください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA