増上慢?


 本モノディアロゴスの第一巻に当たる行路社版について、アマゾンの読者評に立野正裕さんが素晴らしい文章を寄せておられる。モンテーニュやアラン、アミエルや森有正、さらには何とウナムーノとほとんど比肩させての、これ以上はあり得ないご高評を頂いたので、嬉しくてたまらず、つい数人の友人たちにコピーを送ったところ、さっそくビオリストの川口彩子さんから共鳴とお祝いのメールが届いた。さあこうなるとさらに多くの人にも読んで頂きたくなるのは、これはもう自然の理であろう。

 母の従妹のよっちゃん(あっ健次郎叔父の帰天のことまだ知らせてなかった。当分このままにしておこう)の言い草を借りると、「私ゃ煽てにはいつでも乗っかっと」を私自身のモットーにしているので、どうぞ増上慢などと非難しないでいただきたい。今や愛妻のために「しと(尿)取りの翁」と化したロートル(老頭児)のせめてもの自恣と思って。
 それでは早速その書評を以下にお目にかけよう。

★行路社版『モノディアロゴス』読者書評
トップカスタマーレビュー
5つ星のうち 5.0独自の地平を切り開く新しい文学の試みと実践!
投稿者 homo viator 投稿日 2016/11/7

アランはルーアンのローカルな新聞にコラムを書くのを自己の思想と批評の実践とみなした人だった。政治、経済から教育、宗教、文学、芸術、存在論などにいたる人間生活の万般を主題として健筆をふるった。本書『モノディアロゴス』もまたその血脈に連なる営為の所産であると言っていい。

the fugitive(逃れ行く者)と自らをみなす現代の思索者が、中央からの視線ではなく、現代日本において沖縄と並び、いわば最も「危機的な地点」である福島に発想の根拠を置き、「魂の重心を低く」保ちつつ、そこから現代のハイテク情報発信手段であるブログを通じて、抽象的な概念やソフィスティケートされた専門用語や術語によらず、あくまで日常語を駆使し、ときに相馬方言すら交えて読者を哄笑させ、足元の日々を凝視すると同時に、日本および世界の動向へと批評的な視野を自由に拡大し続ける柔軟でユニークな、しかも右顧左眄することのない独自の思考のスタイルを確立したのである。

本書は著者の日録という趣を持つ。だが、こうして一冊にまとめられてみると、たんに日録の一年分をくくったというようなものではないことに気づかされる。日々を貫くのは有機的な全体性を持った粘り強い思考である。そこから結実した本書は一種独特の文学作品であり、一種独特の思索の書であり、一種独特の小説であると言っても過言ではない。

著者はつい先ごろ『モノディアロゴス』第13巻の刊行を果たしたばかりである。
通算13巻! その旺盛な日々の執筆力と持続する精神とに心から敬服しないわけにはいかない。モンテーニュの『エッセイ』、アランの『語録』、アミエルの日記、森有正の日記、そしてウナムーノのDiario íntimoなどがたちどころに想起されるが、質においてそれらにほとんど比肩し、量においてはすでにそれらを凌駕していると言わなくてはならない。

なにをきっかけに自分がモノディアロゴスの愛読者となったのか、たんなる偶然だったのか、それともしかるべき経緯があったのか、それははっきりとは覚えていないのだが、とにかく著者「佐々木孝」をウナムーノやオルテガの研究者として、なかんずくウナムーノの代表的な小説『聖マヌエル・ブエノ』の訳者として、その作品を漱石の『こころ』と初めて関連づけながら真剣に考察した人として、自分がながいあいだ印象深く心にとどめてきたことは事実だ。

それゆえ、『モノディアロゴス』を読んでいると、「野に遺賢なし」の逆で、まさに「野に遺賢あり」と言いたくなってくるのである。

現に著者の『ドン・キホーテの哲学 ウナムーノの思想と生涯』(講談社新書)は年来わたしの愛読書であり、古書店で見つけるたびに購入し、若い意欲的な友人たちにも一読を進めるのを常としてきた。再刊される価値のある本だが、何年も品切れとなっているのは残念でならない。この『モノディアロゴス』第1巻も店頭ではなかなか見かけなくなっている。さいわい続刊は最新刊第13巻にいたるまで著者の手で私家版が作られており、希望者は実費(各巻850円から1000円程度)で送ってもらえる。(アクセスは簡単だ。インターネットで「モノディアロゴス」を検索すればいいだけである。)

およそ商業主義とは無縁の、独自の地平に耕された思考の軌跡がここにはある!

fuji-teivo

fuji-teivo について

佐々木孝(ささき・たかし)  1939年北海道帯広市生まれ。上智大学外国語学部イスパニア語学科、同大学文学部哲学科卒業。清泉女子大学、常葉学園大学、東京純心女子大学教授などを歴任。専門はスペイン思想・人間学。定年前に退職し、父祖の地・福島県南相馬市に転居、現在に至る。主な著書に『ドン・キホーテの哲学―ウナムーノの思想と生涯』(講談社)、『モノディアロゴス』(行路社)、『原発禍を生きる』(論創社、これは香港、韓国そしてスペインでそれぞれ翻訳出版された)、『スペイン文化入門』(彩流社)など。訳書にオルテガ『ドン・キホ-テをめぐる思索』(末来社)、同『哲学の起源』(法政大学出版局)、マダリアーガ『情熱の構造』(れんが書房新社)、ビトリア『人類共通の法を求めて』(岩波書店)ほかがある。  なお著者はブログ「モノディアロゴス」(http://fuji-teivo.com)で発信を続けるほか、『モノディアロゴス』シリーズを初め20数冊の私家本(呑空庵刊)を作っている。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク

増上慢? への4件のフィードバック

  1. 阿部修義 のコメント:

     先生が言われているように、立野さんの『モノディアロゴス』の書評は学問的骨格の太さを感じさせる素晴らしい文章だと思います。書評の中の『アミエルの日記』という本を昔読んだことがあったので、書棚から探し出しパラパラ捲っていましたら所々傍線が引いてありましたて、こんな文章がありました。

     「進歩は松明を燃焼させ、死を速める。非常に速く変化する社会は、ただいっそう早く終末に達するというだけのことである。あまりにも早熟な子供は成熟するに至らない。進歩は人生の香りでなければならず、本質であってはならない。(角川文庫『アミエルの日記 上巻 下巻』 土居寛之訳 昭和34年2月20日 5版発行)」

     『モノディアロゴス』の中で、先生が伊東静雄の詩※を何度も引用されていますが、その詩に通じるものが、このアミエルの言葉にもあるように思います。

     ※「2012年5月10日「クイナは飛ばずに」

     

    • fuji-teivo fuji-teivo のコメント:

      忘れてました。そうです、秧鶏(くいな)は飛ばずに全路を歩いてくるんです。
      いつもいつもありがとう!

  2. 澤井禮道(哲郎) のコメント:

    佐々木総長!。何時も御高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
    最近の「モノディアロゴス」のコメントも、一段と格調高く、愚老などは、恥ずかしくて、なかなかコメント出来ませなんだ!。今日は、厚かましくも、お許しを頂いて、一言。嗚呼ーッ!、もう一言は超えていました。
    この書評も格調の高いもので、さすが、南相馬大学の「モノディアロゴス」セミナーに相応しいものですネ。勉強になります。
    末筆になりましたが、美子奥様、ご子息ご夫妻、愛さんの、ますますのご健康とご繁栄をお祈りしています。

  3. fuji-teivo fuji-teivo のコメント:

    澤井様
     ありがとうございます。家内も、息子の一家もおかげさまで大過なく過ごしております。大兄のブログも、いつも熱風が吹いているようで、陰ながら応援しています。
    どうぞお元気で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA