原発と生存



2013.12.20

8分から24分あたりまで佐々木とその一家が登場します。

原発と生存 への2件のフィードバック

  1. 佐々木あずさ のコメント:

    韓国のマスメディアが、真摯にとらえる福島。理不尽な国策原発の存在。それがひとたび事故を起こすと、フツーの人々の暮らしがどう壊され、心が傷つくのか。佐々木孝先生(スペイン思想家)の言葉に学ぶ韓国メディアの姿勢。敬服する。日本語の字幕でしっかりみたい。

  2. 立野正裕 のコメント:

    佐々木あずささんのコメントにまったく同感です。ナレーションは分からなくとも、韓国のメディアが佐々木先生の言葉を非常に真摯に、誠実に受け止めていることが映像から如実に伝わってきます。シェアさせていただきます。
    それにしても、原発の安全神話の上に安住してきた人々、とくに行政の責任ある人たちや為政者が「騙されていた」と異口同音に語るのを方々で耳にするたびに、想起されるのは、先の戦争に敗けたとき、やはり口々に「騙されていた」と日本人が逃げ口上を言ったことですね。加害の意識と結びつかなくてはならないのに、するりと被害の意識に転じてしまう。これが日本人の宿痾としてのナショナリズムなのだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA