中間ご報告


 ご心配かけましたが、昨日、美子無事入院しました。付き添った息子夫婦によると担当医師はとても誠実そうな人だというので安心しました。でも午後、私が初めて病院に行ったとき、ナースステーションで応対してくれた若い女性は、いかにも機械的、不親切な応対だったので思わず我が瞬間湯沸かし器が沸騰してしまいました。

 そのあと、何も意思表示のできない美子の入院生活がにわかに心配になりましたが、幸いいつもお世話になっている訪看さんのリーダーYさんの大の親友がそこの外来担当の婦長さんでしたので、Yさんを通じて陰ながら見守ってくださるようお願いしました。これでようやく安心しました。

 今日は夕方息子たちが行ってくれることになっているので、午前中、私は直接病室に行かず、その婦長さん宛てのご挨拶の手紙と、美子の紹介を兼ねて、例の朝日新聞の ”Withnews”の記事と東京新聞の豆本についての記事のコピー(と豆本五冊)を受け付けに置いてきました。そのうちこれらを書いてくださった朝日の浜田さん、東京新聞の佐藤さんに改めて御礼を言わなければなりません。

 ところで先日来の話に戻りますが、どんな組織でも受け付けなどはたいして重要な仕事と位置づけられていないようですが、私の経験では受付にこそ有能ですべてに気の付くベテランを配すべきと思います。なにせその組織の顔なんですから。手術は来週初め、そのあと一週間ほど病院で具合など見るようです.

 最後に少し嬉しいニュースを一つ。先日、清泉時代の教え子Nさんからのメールで、このあいだの朝日の日曜読書欄で『情熱の哲学』が週間ベストテンに入っていることを知りました。こういう時の頼みの綱・西内さんが販売店で手に入れて持ってきてくれました。なるほどいま話題の西部邁『保守の真髄』第7位、鴻上尚史『不死身の特攻兵』(第10位)を抑えて、堂々総合の第4位でした。法政大出版局の郷間編集長は、「小局としても、このランキングに載るようなことは、ほとんど前代未聞」だそうです。これもひとえに執行草舟さんや安倍三崎さんのおかげだと思ってます。私一人では決してこのような結果にならなかったはずです。ここでも感謝です。

 ともあれ、どうぞこれからも美子のことを心の片隅で結構ですからお心に留めておいてください。お願いいたします。先ずは中間ご報告まで。

カテゴリー: モノディアロゴス | コメントする

むしろ攻勢に出よ!


 このところのご無沙汰は、私のことではなく妻・美子が一時期容態が悪化したためであった。これまでもつまらぬことも含めていろいろご報告してきたし、結果的には快方に向かっているので、自分自身の頭の整理のためにも簡略に(そうなるかな?)今日までの経過をご報告する。

 五日前の夜だったか(それさえもう忘れかけている)いつものように歯磨きと口の洗浄をしたとき、美子の口の中に大量の食ベかす(と言ってもエンシュアという栄養剤にとろみをつけたもの)が残っていた。スポンジでは間に合わず歯ブラシでかき出してもかき出してもまだ残っている。ともあれその時は五、六枚のティッシュに取ってなんとかきれいにした。

 翌朝、そうだ、今思い出した、12日の振り替え休日の朝だった、十時からヘルパーさんたちによる入浴の時、血圧が異常に低くなっていて、急いで訪看さんを呼んだ。入浴は中止して、ともかくベッドに寝かせ、安静にした。午後一時からの訪看さんたちのケアの時に、喉から管を入れて食道の残留物を吸い出してもらった。夜になって、その日お休みで仙台に行っていた石原医師が帰る早々駆けつけ、呼吸が楽になるように酸素マスクを装着してくれた。実はその前、訪看さんが仙台にいる石原医師に現状報告をした際、救急入院を勧められたらしいが、私は最後まで自宅で世話してください、とお願いした。石原医師も訪看さんも私のたっての願いを認めてくれた。

 相変らず熱はないが血圧が低く、呼吸も弱々しい。今晩が山ですというようなことを告げられ(実は難聴のためよく聞き取れなかったがそのような意味だと頴美に教えてもらった)その夜は椅子の上で時々仮眠をとりながら朝方まで見守った。ところが朝になって少し顔色が良くなり、点滴を受けるようになってからはさらに快方に向かった。当分、朝と晩に訪看さんが交代で点滴をセットし、液が無くなると頴美が上手にその跡を手当てするというルーティンになった.

 こうして一応危機を脱したが、いつまでも点滴を続けるわけにもいかず、明日あたり石原医師と今後のことを相談することになった。おそらく胃婁の手術を病院で受け、あとは自宅で栄養剤の補給をすることになるのではなかろうか。

 数えてみれば今日で一週間、そして点滴をするようになってから六日目の夜を迎えたわけだ。緊張していたせいか、あっという間の一週間だった。でも負けるもんか、という負けじ魂は持続していた。いやむしろ攻勢に出ようとさえした。もっとも私にできることと言えば、この間、相変わらず私家本や豆本の印刷・製本が主だったが、しかし二日目、前から約束していた客人を迎えることにも躊躇しなかった。客人とは大阪で現在研修中の、バルセローナ大の院生マリオ・マロ君だ。彼はいま原発事故後の民間の復興状況を論文にまとめているそうだ。
 
 彼の来る前夜、あることを急に思いついてさっそく実行に移した。それは先ずスペイン語版作品集の原稿をB5の紙に印刷し、それを布表紙の美本に作り上げることから始めたが、最終的な狙いは、滞ったままのスペインでの出版を推進するための奇策を一歩進めることだった。つまりこういう逆境に意気阻喪するのではなく、これまで延ばしのばししてきたことをまさに今、その一歩を進める。つまり以前ロブレードさんに勧められたganchoすなわち出版社に売り込むため、ひいては将来の読者を惹きつけるための釣り針を考え付いたのだ。そう、例の「焼き場に立つ少年」の写真を麗々しく(?)表紙にし、そして表紙裏に本年正月のローマ教皇のメッセージにそのまま使われた私のスペイン語キャプションと、「それが一字一句そのまま使われた謎」を載せること、それである。自分でも少しえげつない戦法とは思うが、なにこの逆境を乗り越えるため、それで美子の回復への切っ掛けになるなら、ローマ教皇も許してくださるであろうし、終戦時、ほぼ私と同じ年ごろだったあの焼き場の少年も目をつぶってくれるだろう、と踏んだのである。

 翌日、予定通り訪ねてきたマリオ君はさすがにとんでもないときにきてしまったな、と恐縮したが、いや私にとってこの状況からの気分転換にもなるからぜひ一緒に話をしようと引っ張り込んだ。そして前の晩に作り上げた大型の美本を献呈し、私の奇策をも白状した。すると彼は案の定、感激してくれ(?)、この本は私の宝物にします、そしてこの作品集の解説も四月に論文を書き上げてから書きたい、との申し出てくれたのである。奇策第一段階成功!

 その後、ロブレードさんもこの秘策に大賛成、そして唯一交流を続けてくれていたVerbumという出版社の編集者にもそのガンチョを紹介してもう一度出版のことを考えてください、と連絡した。もしかするとこの奇策が効を奏して、少し可能性が出てくるかも知れない。カタルーニャ問題で出鼻をくじかれたところもあったが、もしかすると…

 これらすべては、作品集の著者まえがきの最後に書いたことを目に見える形で実現するためである(ちょっと格好つけ過ぎかな)。

「この作品集の最後を飾るのは朝日新聞のWithnewsに浜田記者が書いた記事『南相馬に住む或る夫婦の物語』である。なぜなら兎にも角にも私の全生涯は妻・美子あってのもの、彼女無しでは私の一生などほとんど意味をなさないからである」。

※ 先日マリオ君に進呈したのはB5版の大きな私家本だったが、そのあと工夫してA5判の布表紙の袋とじ本を作った。もちろん表紙を飾るのは「焼き場に立つ少年」である。これを写真に撮ってロブレードさんなど関係諸氏に電送した。

カテゴリー: モノディアロゴス | 1件のコメント

くたばれ、データ神!


 以下に述べることは、もしかすると病院慣れ、あるいは通院慣れしている人には当たり前、何をいまさら、と笑われることかも知れない。

 二週間あるいはもっと前からだったか、最初は腹回り、背中、次いで足、最後は頭部へ湿疹が広がり、クリニックから処方された飲み薬や軟膏でも治らず、ついに紹介状をもらって総合病院の皮膚科で診察してもらうことになった。しかし寝たきりの美子を置いて長時間外出することはできない。弱った、どうしよう?

 その病院の皮膚科は毎週金曜だけの診察しかなく、そのため大勢の患者さんが押しかけているようだ。金曜はちょうど午前中にヘルパーさんが来て美子のお風呂、昼過ぎには訪看さんが来てケアの日で、出かけるとしたらその後しかない。おまけにその日は三時から歯科医院の予約が入っている。皮膚科が予約制だったらいいのだが、そうではない、さてどうしよう?

 ともかく電話で聞いてみることにした。
「クリニックからの紹介状を持って今日の午後診察していただきたいのですが、寝たきりの家内を置いていくので、例えば今から2時間後に診察などということは可能ですか?」
「いいえ、皆さん順番を待っておられるので」
「いやいや、割り込もうというのではありません。順番の最後あたりに診察してもらえればありがたいのですが…」

 電話の向こう側のセニョリータは「でも皆さん順番待ちしているので」の一点張り。埒が明かないので、クリニックに電話して、先生に何とか相手側の先生に連絡してもらえないだろうか、と頼んでみたが、予想通りそれはできません、とのつれない返事。

 いやこれ以上実況放送並みに逐一経過を報告するつもりはない。歯科医の診察後、その病院に行き、何とか事態を進展させようとして応対に出た職員に先ほど電話に出てくれた職員に会いたいのだが、と言ってもいま席を外してますとの冷たい返事。しかし最後に応対してくれた事務局員(というのであろうか)の次の一言で一気に事態が動いたのだ。
「それではこうしたらいかがでしょう、とりあえず受付を済ませ、そうですね今からだと五時頃、いまお渡しする番号札をもっていらしてみては? 少し待つことになりますが」
「いえいえそれは当然覚悟してます。ぜひそうしてください」
待っていたのはその答えなのだ。つまり「とりあえず受付を済ませ、渡された番号札(ここで初めて番号札の存在を知った)を持って、適当な時間を見計らって、再度来院すること」

 初めからそう言ってもらえれば、こんなに事態が紛糾しなかったはず。もちろん私もそういう方向に話を進めればよかったのかも知れない。しかし病院慣れしてない私としては馬鹿正直に正面突破を試みるしかなかったのだ。

 ここで言わせてもらえれば、学校にしろ病院にしろ、どこか内向きになっていて、外部の人に対する思いやり、親切、つまり忖度(こういうときにこそ使う言葉だ)が少ないのではないか。一つの例を挙げれば、例えば他医院への紹介状には、「…先生、御侍史」と書いてある。実は80年近く生きてきてこの「御侍史(おんじし、あるいはごじしと読む)」という言葉に初めてお目にかかった。これはドクターが手紙を書くとき、相手の医師の宛名を「○ ○先生御侍史」「○○先生御机下」とする医療業界にだけ残っている独特の慣例で、意味は秘書やお付きの人のこと。 つまり「先生に直接手紙を出すのは 失礼なので、お付きの人が開けてくださいね」という意味らしい。いうなれば寿司屋さんやヤクザ屋さんの場合と同じ業界用語・隠語である。

 先日も或る不動産屋さんとの連絡で、相手方の事務員が司法書士先生、とやたら「先生」を付けることに対して、すまんが司法書士といえどもいわばあなた方の仕事仲間、それなのに外部の客への文書に「先生」の連呼はおかしい、と文句を付けたことがある。

 つまり外部の者に対してはすこぶる冷淡というか不親切なのに比べて、内部の者、とりわけ業界同士の関係がすこぶる丁寧というか互いに謙譲の美徳発散というわけである。その丁寧さ、親切さをもうすこし外部の者にも振り向けてもらえんだろうか、というのが正直な感想である。

 この点、もしかすると近ごろ民間より公的機関の方が進んでいるかもしれない。というのは、先日、印鑑証明を貰おうと市役所の窓口付近でうろうろしていると、一人の女性職員が近づいてきて「何をご所望でしょうか、あゝ印鑑証明でしたら、ここにあるこの用紙にこことこことここに必要事項を記入して、何番の窓口に行ってください。書類ができましたら番号でお呼びします」と即座に指示してくれた。以前はそんなサービスなどなかったのに、ごく最近大きく変わったようだ。書類への記入などに慣れていない市民にとっては実に頼もしくありがたいサービスである。

 つまり今回のことに話を戻すと、外部からの問い合わせに即座に適切かつ親切なアドバイスをしてくれる受付さんがいてほしいということだ。なんなら市役所並みに、入り口付近で迷っている人の案内のためだけの専任の職員がいてもいいはずだ。

 さてその日、言われた通りに五時近くに病院に戻り、63番という番号札を受付に見せると、この廊下の一番先にある皮膚科の前でお待ちください、と言われた。前客(?)が五人ほどいて結局は診察完了まで小一時間かかったが、担当医は患部を見て即座に頭皮用のローション、体全体に塗る軟膏を処方してくれた。

 午後いっぱいかかった病院での奮闘もこれでめでたく完了。ネットで調べるまでもなく、現代人の皮膚病は食物その他の影響でおそろしく複雑化していて、即効薬はなさそうだ。たぶん今回の薬にも劇的な効果など求めず、根気よく、そしてストレスをできるだけ感じないように(これが難しい)付き合っていくことになりそうだ。

 ついでに憎まれ口をもう一つ。今日の午後届いた「県民健康調査」(福島県・県立医科大学発行)という10ページ近くの文書について一言苦言を呈したい。震災後、毎年のように送られてくるこの種の調査に応じたことはない。その無意味さに毎回腹立たしい思いをさせられるからだ。震災直後の調査では、あなたは事故があったときどうしましたか、どこに避難しましたか、その時の手段は…こうして忌まわしい過去のことについて根掘り葉掘り聞くことは、特に老人にとっては苦痛を強いられること以外の何物でもない。一体そんなことを調べ、そして統計にして何のため、将来の同種の事故に備えるため? ザケンジャナイ!、そんなことのために時間と金を使って統計表を作るなら、こんな事故がもう絶対に起こらぬよう、日本全体の廃炉を考えた方がずっと世のため国のため、そして国民のためになるとは思わないのですか。

 今回の健康調査にはこんなふざけた質問まである。
最近一か月の食事についての設問で、「人と比較して食べる速度が速いほうですか。」
過去30日の間に、「どのくらいの頻度で絶望的だと感じましたか。」「どのくらいの頻度で自分は価値のない人間だと感じましたか。」

 おいおい、ふざけるんじゃない! こんなことを聞いて、統計して、それでどうするの?

 現在の日本の学校も同じようなことをやってる。学力テストしかり、成績管理しかり。すべてはデータ神のため。(先日、震災のため学力テストの成績が悪かった生徒・児童の今夏の休みを五日間短縮するという愚かな(ここで初めて言う)決定をした東松島市の教育委員長あての意見書(めいたブログ)には、予想通り何の返事も来ない。)

 そんなつまらぬことに精を出すより、例えば先ほどの病院の例のように、組織や同業者ではなく、患者一人ひとりの方を向いてくださいな。データ神ではなく、ウナムーノさんが言うように肉と骨を備えた具体的な人間を大事にしてくださいな。

カテゴリー: モノディアロゴス | 1件のコメント

再度、馬主さんに


※右の談話室に書いたものですが、本体の間が空き過ぎたのでこちらに移します。

 野嶋さん、お返事ありがとうございます。実は最初のメールを、もしかしてこれはフェイクかもしれない、と少し疑がってました。しかし文章全体からは書き手の誠実なお人柄が歴然としてましたので、これはモノディアロゴス君の馬主さんだと判断しました。それが今回のメールでさらに確実なものとなりました。疑いの切っ掛けとなったのは、野嶋さんが「談話室」投稿の際にメールアドレスを書かれなかったからですが、しかし昨今のフェイク横行の時代ですから当然の警戒と思います。
  
 さて今回のメールでモノディアロゴスという言葉に出会われた経緯が少し分かりましたが、でも文字通りの直訳「一人対話」から「魂の叫び」を連想されることは先ずあり得ないので、野嶋さんが目にされたそのスペイン人の文章は間違いなくウナムーノに関連したものではないかと思われます。前回も申し上げたように、この言葉は辞書にはなく、グーグルやヤフーの検索エンジンで調べてみても、ウナムーノか私のブログ、おっと現在はモノディアロゴス君に関連したものばかリですから。
 
 いずれにせよ野嶋さんの持ち馬と私がウナムーノを介して運命的と言ってもいいような出会いをしたことは間違いありません。
 
 実は今、今年の九月から東京とサラマンカという二つの都市でウナムーノにまつわる各種行事がスペイン大使館、サラマンカ大学、そして拙著『情熱の哲学 ウナムーノと「生」の闘い』の監修者である執行草舟さんの「戸嶋靖昌記念館」の三者の間で進められており、その下準備のため記念館の安倍三崎さんがサラマンカに飛んでいます。その彼女から昨日、ウナムーノ記念館でフランスの著名なウナムーノ研究者のレバテご夫妻に偶然出会い、ご夫妻に拙著を差し上げたそうで、その時もらったアドレスに、私からもご挨拶のメールを送ったのですが、そこにも今回の野嶋さんとの出会い、そして「焼き場に立つ少年」が教皇に渡った経緯を説明しました。 
 
 つまり前回のメールにも書きましたように、今回の珍しい出来事がすべてウナムーノがらみで展開したように思えてならないからです。今年の正月に新聞報道がなされたからご存知と思いますが、長崎原爆投下直後のあの少年の姿は、モノディアロゴス君の登場そのものを連想させるように思えるからです。右の「談話室」で阿部修義さんがこう書いていました。

「そういう発想をされた馬主さんが、どんな方なのか想像しています。きっと、劣勢からゴール間際でライバル馬を差すような強い馬になると思います。」

 どうか野嶋さんも、以後モノディアロゴス君とあの少年の凛とした姿とを重ね合わせて下されば嬉しいです。私は競馬に関しては全く何も知りませんが、今回初めてネットでG1が競走馬最高の晴れ舞台であることを知りました。それだけモノディアロゴス君に期待しておられるのでしょう。

 私(たち)も以後モノディアロゴス君の活躍を心待ちにしています。どうかこれからもお時間のあるときで結構ですから、モノディアロゴス君のこと教えてください。

 今回のメールでご子息が大学でスペイン語を学んでおられることを知り、びっくりしました。実はドバイで成績を出せなかった馬の名がディオスコリダーと聞いて、もしかそれはスペイン語のDios Corridaつまり神の走りではないかと思いましたが、当たってましたね。お二人ともスペインに関心をお持ちとは、また何たる偶然でしょう。私は生涯の大半を大学でスペイン語教師でしたから、ご子息のお勉強になにかお役に立つことがあれば喜んでお手伝いします。手始めに『情熱の哲学』でも差し上げたいのですが、このブログの上方にある「富士貞房と猫たちの部屋」にメールの欄がありますので、そこからご連絡ください。部外者には分からない個人的なメールアドレス交換になりますからご安心ください。最初からお返しをねだるのは、はしたないですが、モノディアロゴス君の写真どんなものでも結構ですからいただけませんか。

 以上、すこし長いお返事になりましたがよろしくお願いいたします。

カテゴリー: モノディアロゴス | 1件のコメント

とうとう競走馬に!


 私モノディアロゴスは2016年3月3日、つまり雛祭りの日に北海道新冠(にいかっぷ)町の橋本牧場で生まれた競走馬です。でも雌ではなく牡でーす。調教師は松下武士 (栗東)さん、馬主は野嶋祥二さん。でも勝ち星はまだありません。聞くところによると、私と同じ名前のブログを発信している富士貞房(佐々木孝)さんは、私と同じ道産子ということですが、でも彼は足の短い十勝馬で、私はもちろん足の長―いサラブレッドでーす。ブログの方はどうでもいいですが、どうか皆様、モノディアロゴスの応援お願いいたします。

※天国のウナムーノさんもさぞかしびっくりしていることでしょう。一世紀も前に自分が創案したモノディアロゴス(独対話)という言葉が、遠い北国誕生の競走馬の名前になったのですから。そのうち馬主さんに連絡して、彼の写真でももらいましょうかね。
※※ さっそく橋本牧場にメールしてみましたが、もちろんまだ返事が来ません。万が一返事が来るようでしたら、その時は、今度産まれる仔にフジテイボーという名前はどうですか、と勧めてみるつもり。フジテイボー、どうです競走馬にぴったりの速そうな名前でしょう? (名前だけはね)

★ お気づきかも知れませんが、右の談話室にモノディアロゴス君の馬主さんがお見えになってます。

カテゴリー: モノディアロゴス | 7件のコメント