あらゆる瞬間が奇蹟


 以下のものは今朝届いた岩谷徹氏からの私信(おはがき)であるが、これまた氏の許しを得ないでここにご紹介したい。いつものように画用紙をハガキ大に切った一面いっぱいに「仮面をかぶる頭のオカしい女」の絵が着色肉筆で描かれている。私宛てだけでも既に10枚近くなっているので、おそらくこれまでこうして何千枚、いや何万枚も描かいてこられたのではないだろうか。この表現への無償の愛をどう受け止めたらいいのだろう。
 したがってハガキ表の住所欄は上方3センチほどで、あとは極細のペンで横書きに小さな字で(色は濃い茶)びっしりお便りが書かれている。日ごろから細かいお仕事に慣れておられるのであろう、私など絶対に真似のできない達筆でのお便りである。
 先日もお願いしたが、東京近辺の皆さん、ぜひ展覧会々場で氏の芸術を直に鑑賞されんことを!

「拝復
 先日はごていねいなお礼状を頂き恐縮しております。頂いた『情熱の哲学』丁度1/3を読んだ所です。私は読書家でありませんからウナムーノが居た西洋とスペインの思想的位置、当時の思想界の動向など初めてのことばかりでとても興味があります。楽しく読まさせて頂いてます。ウナムーノも思想遍歴の多かった人というのは本質的に純心な人なのでしょう。私は鈍感というか若い時からあまり精神の遍歴はない方でした。理性的より感性的に生きてきたのでしょう。

 ウナムーノが解釈に勘違いを指摘され、それはそれでいい、勘違いなど遥かに超えた所で思索しているのだから放っといてくれというような所があります。同感です。一つの詩の一行によってたとえ解釈が勘違いでも、その一行によって霊感を得るからこそ言葉は神秘の力があるのです。乞食がポトリと落とした、もらったばかりのヤキ鳥の串を見た人が瞬間悟ることもあり得ます。ただ要諦は自分を「空」にした眼を持つことだと思います。自分の回りには何が転っているかわかりません。それは真に神秘です。ということは自分自身の存在が瞬間々々奇蹟ともいえます。では又。

           2018、5、18  岩谷 徹
PS。ご友人の私のブログのへの感想、よろしくお伝え下さい。」

カテゴリー: モノディアロゴス | 1件のコメント

愛=かなし


※以下のものは、「談話室」への阿部修義さんのコメントですが、阿部さんのお許しも得ないで勝手にこちらに移させていただきました。なぜかはお読みいただければお分かりと思います。

 「岩谷さんのブログは、先生が増設されてからは毎回拝読しています。先日も鈴木大拙のお話をされていたのを覚えてますが、この「大拙」という雅号と文章の主旨である「道化」とは密接な関係があるのではないでしょうか。先生が、中国思想とスペイン思想の関係性を以前示唆されていたことを思い出しましたが、東洋では、拙とか愚などを人間の道を歩む上で非常に尊重されていた歴史があったんだと思います。それは、利便性や物質欲など本来人間にとって枝葉末節なものよりも、もっと根源的な、全体的、普遍的なものを常に省みるようにと自戒を込めていたからだと思います。先生はこう言われています。

 「ドン・キホーテこそ道化の極致ではないでしょうか。」

 スペイン人にとってのドン・キホーテの生き方は、東洋での拙や愚の生き方に、そういう意味では近いのではと私は感じます。口先だけの軽佻浮薄な小才子には、それはバカげた、まさに愚かしいように見えるかも知れません。しかし、愚直に常に物事の根源に返った生き方をするには「道化」に徹することが、あらゆる相対に対応できるからなんでしょう。その道は険しく至難なものです。そして、その根底には常に愛がある、愛を「かなし」と読ませた古人の教養の高さを感じます。岩谷さんが先生に贈られた意味には、そういうことも含まれているのかも知れません。」

◆ 大事なお知らせを忘れていました。岩谷さんの個展が東京で開催されます。
日時 6月19日(火)~7月1日(日) 25日(月)はお休み
       11時ー19時 最終日は17時終了
場所 銀座 2-11-4 富善ビル 1F
   ギャルリーヴィヴァン
   Tel.03-5148-5051
  交通 都営浅草線東銀座駅A8、日比谷線東銀座駅A2
私は行けませんが、皆様どうぞいらしてください。

カテゴリー: モノディアロゴス | コメントする

老いたる道化王


 一昨日、いつものアマゾンからのものではない、かなり大きな小包が届いた。縦横ともに40センチ、厚さ5センチほどのかなりの重さ。送り主の名前を見てすぐ合点した。そうだ銅版画だ!

 郡山市在住のメゾチント版画家・岩谷徹さんからの贈り物だ。急いで開けてみると案の定、頑丈な木枠の画面いっぱいに広がる白地の中央に縦横15センチほどのカラー版画 “Roi du Pierrot”(道化王)が埋め込まれていた。初めて直に見る銅版画、黒と赤と黄色を主調にしたまるで宝石のように色鮮やかな道化像。

 我がブログの右側の岩谷さんのサイト入り口にメゾチント版画家などと紹介しているが、実はメゾチントなるものがどういうものか詳しくは知らない。この際だからウィキペディアで少し調べてみよう。
             
 「メゾチント(Mezzotint)とは版画の凹版技法のひとつ。金属凹版にロッカーという櫛のような刃がついた器具で版全体に無数の刻みを入れたり、ささくれ状態の線をつくったりする。さらにその上をバーニッシャーやスクレーパーという金属のヘラのような器具でささくれを削ったりならしたりして絵を描き、刷る際にはインクを細かな刻みに擦り込んだ後に、刻みのない部分からは拭い落とす。これにより、刻みが残っている部分はインクの色が濃く現れ、刻みが削られたりならされたりした部分は白く浮き出るという効果が得られる。微妙な明暗の加減を楽しむことが出来るとされる。」

 なるほどと言いたいが、それでも良くは理解できていない。つまりそうして彫り上げた銅板からどうやって版画ができるのかが分からないのだ。つまり版画一般の作り方がそもそも分からないのだから手に負えない。

 いや技術的な詮索などは止めて、ともかく目の前の銅版画を鑑賞するにしくはない。ふつう道化そのものの滑稽さに目が行くが、しかし道化の本質は悲しみではないか。岩谷さんの描く道化王も深い哀愁を湛えている。銅版画の下方には確かにフランス語で道化王と書かれてはいるが、しかし送られてきた外箱には肉筆で「老いたる道化王」と書かれていた。矍鑠としておられるが現在81歳のご自身に道化王を重ねられたことは間違いない。それで氏にこんな礼状を書いた。

「前略ごめん下さい。
 びっくりしました。思ってもいなかった素晴らしい贈り物です。正直申せば、御作品を直に拝見したい、できうるならいつかそのうちの一点でも手に入れたいと願いながらも、美術品を購入する機会など一度もなかったものですから、どういう手続きが必要なのか見当もつかず今日に至っていました。
 我が家は亡母が作った二つの棟からできており、その新棟には息子一家、少し段差のある渡り廊下で繋がる旧棟に私たち老夫婦が住んでおりまして、その旧棟をいつからか「呑空庵」と名付けております。呑空、D・Q、つまりドン・キホーテの庵と洒落たわけです。

 今回いただいた銅版画「老いた道化王」は、その旧棟応接間の、ちょうど来客の正面になるよう配置させていただきました。下手な写真同封致します。

 さきほどドン・キホーテに触れましたが、ドン・キホーテこそ道化の極致ではないでしょうか。いつからかこのドン・キホーテが、大げさに言えば私の全思想、全生涯を統括する者になっていました。
 岩谷さんのブログを読んでいていつも思うのは、豪胆・果敢な生き方の底を流れる不思議な悲しさです。まさにドン・キホーテの生き方を実践されてこられた方と思ってました。

 今までいただいた何枚かのハガキに描かれた道化その他の人物たちにもその悲しみがにじみ出ています。それらハガキ、もう何枚になりましたでしょうか、いつか額縁に入れて飾りたいと思っているうち、今回のさらに豪華な贈り物でした。我が家の家宝として大事にします。

 最近のブログでしきりに老境について書かれていて、先輩より少し年下の私ですが、いちいち共鳴しながらも「先輩、頑張って下さい、私も見習いますから」とつぶやいています。

 少し長話になりましたので、今日は御礼の気持ちを再度お伝えしてこの辺で失礼します。どうかお元気で、そして賢夫人にもどうぞよろしくお伝えください、寝たきりの妻の介護で生涯お会いできそうにもないことが残念ですが、しかしいただいた絵を毎日眺め、そしてブログを読ませていただくことで満足しましょう。

                                五月十五日

岩谷 徹様

 追伸 私にとっては唯一と言ってもいい美術論を見つけましたので、恥ずかしながらコピーお送りします。二〇一三年、県立美術館で開催されましたスペインの造形作家ホセ・マリア・シシリアさんのカタログに依頼されて書いたものです、ご笑覧下されば幸いです。」

※ 文中、「賢夫人」などと書いたが、30年近くもパリでの修行を兼ねた(というより終始修行に明け暮れた)ご夫婦の生活を支えた奥様に心からなる敬意を感じていたからだ。

カテゴリー: モノディアロゴス | コメントする

最期の迎え方


 半ば習慣化していることだが、早暁、布団の中で、半覚半睡(これ私の造語です)の中で、いろいろ複雑なことを考えたり思いついたりしている。大半は目覚めてから思い返すと他愛もない妄想のたぐいだが、なかに、時おり、なかなかいい着想やら思い付き(同じことか)を得ることがある。

 今朝しきりに考えていたのは、まだ治らない皮膚炎がらみのことだった。仁平さんの忠告を忠実に守ってステロイド系の塗り薬はいっさい使わず、痒いときはタンポポの根とヨモギの葉から作った「ばんのう酵母くん」を患部にこすり付けて何とか凌いでいる。そのうち体のどこかからタンポポの花が咲くかも(それはそれで気持ち悪<わり>い)。

 患部は頭皮から足の先までと広範囲だが、しかし増えているわけではない。激しい痒さではないが、日中もほのほのと痒く、まるで頭の中にも薄いヴェールがかかっているようで、はなはだ気分が悪い。掻きだすと手が勝手に動いてしまう。初めのうちアナミドールなどに戻ろうとの誘惑を感じたこともあったが、その時は「これを使っても何の効果もなかったんだぞ!」と強く自分に言い聞かせて思い止まった。

 で、今朝の妄想のことだが、どこかの通販から保湿成分の入ったローションの瓶が届いた。注文したわけではないが、先日届いた小型の瓶と同じ成分で、今年新しく収穫した材料(オリーブか何かか?)で作ったので試してください、とのこと。料金も請求せずずいぶん良心的で親切なメーカーだこと、と感心した。お金で払わないとしてもなにか御礼せねば、と真剣に考えはじめた。『情熱の哲学』は残りあと一冊しかないから、なにか私家本でも送ろうか。でも待てよ、その瓶が送られてきた時の包み紙は? いやそれより先日送られてきたというヤクルトほどの小さい瓶はどこにある?

 すみません、実につまらない夢の一部始終をここまでしゃべってしまいました。そう、全て夢の中のこと、その時鳴ったケータイの目覚まし音で今度はしっかり目が覚めました。でも頭がしびれるほど本気で考えたその痕跡が、頭蓋のどこかに残っていて、このことを後で何とか書かなければと思ったわけです。書いているうち本当に馬鹿らしくなりましたので、この辺でケリをつけます。「ケリ」で思い出しましたが、これが古語の完了を意味する助動詞「けり」だということご存知でした?「蹴り」じゃないっすよ。おや知らなかった? じゃせめてそれだけでも収穫にしてくださいな。 

 実は白状すると、数日前、しかも二度にわたって半覚半睡の中で考えた或ることを書こうと思ったのだが、内容がちょっと重過ぎるので、その前に少し軽めのものを,と書き出したのはいいが(良くない良くない)、つい長々としゃべってしまったわけ。ところでその或ることとは、先日多摩川に入水したあの人に関してである。彼は私と同じ道産子で、しかも歳は同じはず。生前の彼とはもちろん接点はなかったが、ただ一度だけ、清泉の教え子の森西・村山さんと共訳したライン・エントラルゴ著『スペイン 一八九八年の世代』(れんが書房新社、1986年)を「生の悲しみ知る権利」という題で実にいい紹介をしてくれた(「朝日新聞」、1986年7月十四日号)。その最後のくだりだけでも引き写してみよう。

「スペインはヨーロッパ文明の突端であり岬である。いまやそのもうひとつの岬となった我が国は、スペインにおける精神の下降と苦悩とはまったく逆のものを、つまり上昇と歓喜を享受しているかにみえる。しかし、本書を読めば、生きることの「巨大な悲しみ」を知るのは人間の輝かしい特権であるとわかるであろう。」

 ウナムーノなど「九十八年の世代」の本質を実によく理解している。だが、と先ず褒めた後に貶すのは、とりわけ相手が黄泉の国に旅立った者であれば、つまり死者を鞭打つことなど私の趣味じゃないが、しかし前述したようにこれは半覚半睡の中でのこととして大目に見てもらおう。

 はっきり言おう。あのいつの間にか保守の真髄を言い募るほどになった人の最後があまりにも悲しい。ウナムーノの盟友アンヘル・ガニベットも領事として赴任していたラトビア共和国の首都リガを流れるドビナ河に、グラナダから家族が来るというその日に謎の投身自殺をしたし、漱石『心』の先生も自殺をした。だからというわけではないが、その行為自体を一概に非難するつもりはない。しかし保守の真髄氏の場合、報じられる限りの理由ではその傲慢さに首を傾げたくなる。

 会津藩士のなれの果て(のその子孫)である私から見ても、手段はどうあれ、もしもそれに切腹の意味があるとしたら、彼の自死は完全にご法度のはずだ。確か彼は「自裁」とか言っていたと思うが、誰も「生命」を裁く権利など持っていない。それは生命に対する忘恩であり権利侵害である。

 大した芸も持たないのにいつの間にか芸能界の大御所になってしまった明石家さんまだが、彼が娘さんに付けた名前はまことに大正解。「生きているだけで、まるもうけ」からイマルと付けたそうだ。

 そんなことをつくづく考えさせられるのは、今も私の3メートル横で穏やかな寝顔を見せている美子がいるからだ。ときどき「美子ちゃん、ママ、偉いねー、美子ちゃんがいちばん偉いんだよ」と声をかけると、まるでどこかの国の女王様のようににこやかに、しかも威厳をもってこちらを見てくれる。何もしゃべることができなくとも、人間生きているだけでご立派。美子からどれだけの勇気と喜びを貰っていることか。

 真髄氏に心酔していた二人の友人が自殺幇助罪を犯したことになったかどうか、その後の報道を見ていないので知らないが、ともかく人騒がせな死に方をしたものだ。

 てなことを半覚半睡の中で二日にわたって考えたわけだが、しっかり目覚めている今でもその見解は毫も変わらない。私にいつ死が訪れるか分からないが、たとえ家族や他人様の手を煩わせて惨めな状態になろうとも、最後まで感謝の気持ちを失わず、それまで生きられたことに深く感謝しながら、そしてできることなら美子の最期をしっかり看取ってから死にたいといつも願っている。

カテゴリー: モノディアロゴス | 2件のコメント

アイヌモシリより


※アイヌモシリとは、 アイヌ語で「人間の静かなる大地」を意味する言葉。本来、特定の地域を指すものではないが、今日では北海道を指す場合や、樺太、千島列島など古くからのアイヌ居住地を指すことがある。 対となる語に、カムイモシリ(神の住むところ)がある。また本州をシサムモシリ(隣人の島)、 サモロモシリ(隣の島)と呼んだ。(ウィキペディア)

 以下のものは、右の談話室への佐々木あずささんのコメントだが、皆さんにもぜひ読んでいただきたく、あずささんの許諾をえないままこちらに転記します。

 先生の知的好奇心爆裂にびっくりの私です。そのとおり!単一こそ弱く、くじけたら木っ端みじん。先生のおっしゃるように多様性こそ力です。多様性は話し合わなければ物事を進みません。阿吽の呼吸とか、以心伝心なんて、独裁者のたわごと。そうです。本来の意味とは違う使い方がされている「忖度」は言わずもがな。「ぼくちゃんのおもっているとおり君たちはお仕事をすればいいんだぜ」なんてほざきながら、このゴールデンウイークに(血と汗の結晶である)税金をつかって外国をうろつきまわる豪遊議員たち。いやー、腹立つ。今日はメーデー。150人くらいしか集まらない小さなメーデーに参加した私。「建交労」の旗のうしろを、ニッカポッカ(なつかしいでしょ?!)やつなぎの作業着を身にまとった真っ黒に日に焼けた屈強なおじちゃまたちの後をついて歩きました。体と知恵をフル回転させてケガをしないようにチームワークで仕事をする方たちの血税の価値を、豪遊議員たちに知ってもらいたい!!!と痛感しながら歩きました。

 さてさて、アイヌ語の地名からナキウサギまで、そして阿波根昌鴻さんにまつわる新しい知識を頂戴しました。阿波根さんの「5本の指」のお話、ご存知でしょうか。親指、人差し指、中指、薬指、小指。どれひとつなくても力はだせません。俺の方がえらーい。俺がエラーイ。と言っていたら何にもできません。其々が違う力を持っているからいいのです。どの指が一つ欠けても、同じ力は出せない。だから5本の指、全部が大切なのです。私たちも同じです。誰が一人が偉いのではないのです。一人ひとりに価値があるのです。

 こんな内容だったと思います。先生のおっしゃっていることに通じますね。多様性ですね。今日も素敵な学びに感謝します。ということで、FBにアップさせていただきます。

カテゴリー: モノディアロゴス | 7件のコメント