害にはならぬ無駄話


「やっぱ言ったらしいよトランプが」
「何て?」
「ぼくちゃんたち相性いいって」
「だから言っただろ、安倍とトランプ、まるで双子の兄弟みたいだって」
「でもあんな男が大統領に上り詰めるとは、アメリカもおかしな国になってしまったね。と言って安倍みたいな男が首相になってる国もそれなりにおかしいけど」
「この間テレビを見てたら、なんと懐かしのケント・ギルバード※が出てたよ。それもトランプのシンパとして。昔出ていたころはカリフォルニア州弁護士とかの肩書で人畜無害の外タレと思ってたが、なんと今じゃバリバリの右翼だぜ」
「途端に人相まで悪くなって見えるね。トランプは今やリトマス試験紙みたいなもんで、好き嫌いでその人の人格の中身まで見えてしまう」
「止めよう、この話。だんだん気分が悪くなってくる」
「ところで君、この三日ほど、豆本作りの合間に、またぞろ古本再生術だか蘇生術だかで忙しそうだね。
「気分が鬱屈してると出てくる発作みたいなもの。今日はたまたま見かけた古いペンギンブックを蘇生させたよ。まずヘミングウェイの『午後の死(Death in the Afternoon)』と『海流の中の島々(Islands in the Stream)』の二冊を合本にした。表紙に厚手の紙を貼り、それを水玉模様の布でくるんで背表紙に茶色の布を貼り、最後は題名を印刷して表紙と背中に貼り、おまけに原本表紙にあったヘミングウェイの顔写真を貼り付けて超豪華本に仕上げた」
「でもまだ読んでなかったんだろ?」
「バレたか。でも『午後の死』の真ん中あたりに闘牛の写真が96ページもあって、いつかゆっくり読みたいとは思ってる」
「ところでその闘牛だけど、最近は無くなったのかな、動物愛護団体とかのクレームを受けて」
「昔はブラスコ・イバーニェスの『血と砂』を読んで熱中したこともあったね」
「そっ、でも何回かのスペイン旅行でも結局闘牛は見なかった」
「残酷だから?」
「いやそういうわけでもない。機会があれば見たかも知れない。残酷といえば世界中で今も繰り返されている戦争の方が何倍も、いや比較にならないほど残酷だがね。昔ローマで剣闘士の見世物があっただろ。血の気の多いローマ人はあれで好戦気分を鎮めたらしいね」
「一度、徹底的に闘牛の歴史を調べようと思っていくつか文献をそろえたこともあるが、もうそんな時間はないや」
「そうだペンギンの『これぞジェームス・ジョイス(The Essntial James Joyce)』も厚紙を張って黒い布表紙にし、原本のジョイスの肖像画はそっくりそのまま切り抜いて、これも世界に一つしかない美本(?)にしたよ」
「懐かしいね。「いまだ書かれざる小説へのプロローグ」という大昔「青銅時代」に書いたものをちょうどいまハビエルさんが訳し終えて、改めてあのころのこと懐かしく思い返した。その中でジョイスの『若き芸術家の肖像』とトマス・マートンの『七重の山(Seven Story Mountain)』を狂言回しに使ってね」
「つまりあのころすっぽり自分を覆っていた霧から抜け出すヒントを得ようとしてだろ。でも霧っていえば、今もすっぽり霧の中に閉じ込められてるようなもんだろ?」
「……あゝそうそう」
「また逃げたな」
「装丁の話に戻るけど、これもたまたま本棚の隅に見つけた小冊子を布表紙にして背革を貼り見栄えのいい豆本に仕上げたよ」
「1971年に原町市が発行したやつの復刻版として、2007年、はらまち・小高・鹿島(つまり現在の南相馬市)と相双教職員の九条の会が市民に配った『日本国憲法』だろ」
「そう、これは憲法だけじゃなく教育基本法と児童憲章まで収録した横7.5センチ、縦11センチ、64ページの豆本。お金があったら全国民に印刷・製本して配りたい」
「恥ずかしながら憲法を今までしっかり読んでなかったばかりか教育基本法や児童憲章も初めて見るお粗末。いやーこれを機会に『平和菌の歌』の豆本と一緒にいつも携行することにしよっと」
「そうだよな。憲法改悪反対なんて言っても、きちんと読んでないなら話にもならない」
「そういうこと」

※デリカットさんごめんなさい。同じケントでもギルバードの間違いでした。お詫びして訂正します。(2月13日、朝)

カテゴリー: モノディアロゴス | コメントする

米軍御用達


 今朝の毎日新聞ネット版にとんでもない記事が載っていた。日本の大学の研究者延べ128人がこれまで、正確に言うと2010年度以降の6年間、米軍から8億円超という莫大な額の研究費を「いただいて」研究を続けてきたというニュースである。また、10~16年度に京都大と大阪大の教授ら11人が米空軍と海軍から計約2億円の研究費を受けたことも毎日新聞の情報公開請求で判明したという。

 真っ先に思ったのは、これら研究者たちの識見の無さ、もっとはっきり言えば意地汚さである。

「教授らの研究分野は人工知能(AI)やレーザー技術など。米国防総省は14年に発表した技術戦略で、AIを搭載した無人兵器につながる自律型システムの重視を挙げた。また、レーザーは砲弾やミサイルに代わる新兵器に繋がるなど、米軍が将来兵器の技術として重視する分野と重なる。」

 つまりこれら研究者は確かに知能指数は高いかも知れないが、人間としての知恵力、思考力ゼロの頭でっかち人間と言わなければならない。目先の難問に挑戦するのはいいが、その先がどうなるか一切見えてないわけだ。いやもしかして見えてはいるが努めてみないようにしているのか。どちらしても足長おじさんは同盟国いやむしろ宗主国アメリカ合衆国(スペイン語圏では単にアメリカといえば中南米諸国を指すからあえて合衆国と念を押さねばならない)だからいい、と思っているのかも知れないが、テロリストにしろISにしろ使っている兵器はアメリカ製やロシア(あるいは旧ソ連)製であり、ハイテク兵器も即座に手に入る時代である。兵器売買に国境は存在しない。

 いずれにせよ、先日福島県浜通りロボットバレー計画を槍玉に挙げたように、ハイテク信仰の行く末は地球破壊・人類破滅への道であることをいい加減悟ったらどうだろう。

 おい、そこの部厚いレンズ眼鏡の教授さん(もしかして准教授?)、少しは人間としての良心を持ったらどう?(本当は、恥を知れ!と叫びたい)

カテゴリー: モノディアロゴス | 1件のコメント

そういうものだ


★文末に大事な追加があります。
 
 疲れと寒さのダブルパンチか、ここ四、五日ほど腰痛に悩まされている。腰痛といってもギックリ腰のような痛さではなく、上半身をある角度に曲げたときにピリッとくる痛さ。でもこの微妙な痛さが何とも煩わしい。いっそ激痛が走ったほうが……いや、やっぱりそれは困る。

 こういう時だからと、いわば気散じにヴォネガットやブラッドベリのものを読んでいる。ブラッドベリのものは題名に引かれて『社交ダンスが終った夜に』(伊藤典夫訳、新潮文庫、2008年)という短編集だが、最初のいくつかを読んでみたけれど、いまひとつピンとこない。持ってるだけでまだ読んでいない『タンポポのお酒』(北山克彦訳)、晶文社、1991年、55刷)の方が面白そうだ。

 でもヴォネガットの方は期待にたがわず面白い。『スローターハウス5』(伊藤典夫訳、ハヤカワ文庫、2007年、22刷)は自身の戦争体験を「食肉処理場」という物騒な題名のもとに、絶えず時間軸をずらしたり飛ばしたりして描いているものだから、慣れるまでちょっと戸惑ったが、次第にはまってしまう面白さがある。そして場面と場面を繋ぐ呪文のような言葉がたいそう気に入った。「そういうものだ」である。原語では“So it goes.”らしいが、ネットで調べるとこれが何回使われているか数え上げている物好きがいた。103回だそうだ。なるほど、そういうものか。

 なぜこの言葉が気に入ったかというと、わが「平和菌の歌」のリフレイン「ケセランパサラン」と見事に重なっているからだ。Qué serán,pasarán の後に続くcomo pasaránは私がくっつけたものだが、全体の意味は、「どうなるだろう? まっ、なるようになるさ」となり、「そういうものだ」と同じメッセージを伝えている。つまりそれはけっして投げやりでペシミスティックな意味ではなく、こんな理不尽なことがまかり通っている世の中だが、でも慌てまい、へこたれまい、だって地道に努力していれば、いつか正道に戻るはず、だじろがず、絶望せず、今できることを「しっかりまじめに」やっていこう、というしたたかな気骨を示しているからだ。

 ちなみに「しっかりまじめに」という言葉は、2011年7月30日、奥入瀬(おいらせ)でのばっぱさん最後の誕生祝いの席での短いスピーチを、従弟の御史さんが記録したものの中にあった文言、いわば遺言である。歌詞「カルペ・ディエム」の中にも再録しておいた。

★ さすが現役の英米文学教授、立野さんが素晴らしい情報を送ってくれました。つまりヴォネガットの主人公の名はビリーですが、同じビリーでもビリー・ジョエルという実在の歌手にSo it goes.という曲があり、またもっと古くは人気歌手ペリー・コモの、やはり同じタイトルの歌があるそうです。そしてついでにLet it go.が思い浮かび、次にごく自然にポール・マッカートニーのLet it be.が思い出された、と言ってきました。
 もちろんすべては別々のものですが、しかし立野さんの言うように、すべてに共通して、「あきらめによる現状肯定や現実追随ではなく、あきらめないエンデュアランス、したたかなオプティミズム」で響き合っています。
 新しい現実が見えてくるのは、このようにそれまでばらばらだったものが、ちょうど一気に磁気が作用して一点を、思いがけない現実を、そして世界を、指し示すからだと思います。十六世紀のバテレンの謎めいた言葉が五世紀後のこの益体もない時代に突然の光と、そして希望を与えてくれたわけです。さあ、皆さんもことあるごとにケセランパサランと唱えて勇気を出しましょう。

カテゴリー: モノディアロゴス | 1件のコメント

何ともはや


 昔々の或る夏(いつだったか調べるのもカッタルイのでそのまま)車を借りて家族四人でスペイン周遊旅行をしたとき、セビリヤで選んだレンタカー、フォード・フィエスタの色を美子の大好きな色にした。カナリヤ・イエローだ。直接彼女に聞けなくなったのは残念だが、今じゃ大嫌いになっているはず。なぜって? あのトランプの髮を連想するからさ。

 それにしてもまるで漫画だ。イスラム圏からの旅客を無差別に追い返したり、メキシコとの国境線をすべて壁で防御するなど、史上もっとも下品な大統領のすることなすことはすべて狂っている。

 宗教や国の違いで人間を差別するのは、すでにどこかの国の指導者も警告しているように、かえってテロリスタに好餌を与えるようなものだ。決してそんなことを望んでいるわけではないが、テロの頻発を恐れる。

 対メキシコ問題であっても、アメリカ西海岸の地名を見てみれば一目瞭然のように、アリゾナ、エル・パソ、コロラド、サン・アントニオ、サン・フランシスコ、ラス・ベガス……ええい!面倒なので省略するが、要するにすべてスペイン語。だってもともとメキシコ領であったものを奪ったり金で買ったりしたんだから。メキシコ人が他人の土地とは思わず、つい越えたくもならあさ。

何ならいま手元にある電子辞書を引いてみようか。
「アメリカ・メキシコ戦争(1846-1848年)
米国は国境紛争を利用し、メキシコを挑発して開戦。米国の軍事的勝利によりメキシコはテキサスを放棄、ニューメキシコとカリフォルニアを1500万ドルで譲渡した。これによりアラスカを除く米国の大陸領土はほぼ完成した。」

 アメリカの良識ある(まだあるの?)人が言ってるように、もともとが移民国家であるばかりか、むかし流行った西部劇映画を見ても分かるように、先住民たるインディアン(これもスペインの征服者たちがインドと勘違いしてつけた名称だ)を殺戮したり、せいぜい居留地に追い込んで我が物にしたわけだ。

 トランプみたいな男(今のところ女はいない)が登場すると、良識あるアメリカ人が必ず現れて正道に戻る努力をしたもんだが、我らのヴォネガットさんはすでにあの世に行っちゃったし、でもメリル・ストリープさんやデ・ニーロさんが頑張ってるから、気長に見守っていこか。それにしてもいろんな点でトランプに似ている我が国の宰相は距離を置くどころかこれは好機とばかりますます近寄ろうとしている。アホかいな。

カテゴリー: モノディアロゴス | 3件のコメント

お知らせ


寒い日が続いてますが、皆様お変わりありませんか。
 ところでいつものように喜彦君に頼んで、本ブログとも深い関係のある澤井哲郎兄のブログ「落日は燃えているか」への入り口を右上に作ってもらいました、兄の言うように本ブログが南相馬大学だとすれば、彼のところは別館(分校では申し訳ない)とすべきですが、少し洒落て「セミナーハウス」としました。内容は主に全国の新聞報道を隈なく探索したうえでの少し辛口のコメントですが、本校とは違って休講なしです。本校においでの節などぜひお立ち寄りください。南相馬大学の紹介文が迎えてくれます。
 ついでですが、先日「カトリック新聞」掲載の二つの記事も、上の「メディア掲載履歴」の「新聞報道」に載せてもらいましたのでどうぞご覧ください。

カテゴリー: モノディアロゴス | 1件のコメント