美子、金婚おめでとう!


美子、あと2時間で私たちの金婚の日(11月17日)を迎えます。少し早いですが、今晩はいつもの皮膚炎の苦しい夢ではなく、久しぶりに美子と一緒の若い日々の夢でも見たくなったので、これから寝ることにします。

50年前の今日、福島市の、、、あれっどこでしたっけ、たぶん松木町の教会でしたね、結婚しました。爾来半世紀、いつも、どんなときも、二人の信頼関係が崩れたことは一度もありませんでした。もう何回も言ったことですが、むかし「亭主元気で留守がいい」というコマーシャルが流行ったとき、その意味が分からないというので冗談かと思いましたが、どうやら本当に分からなかったようでした。だから、認知症で寝た切りになった現在、美子は幸福とは言えないでしょうが決して不幸とは思っていないと確信しています。なぜなら孝は美子といつも3メートル以内のところにいるからです。三日おきぐらいにスーパーに出かける以外、いつも一緒です。

何も話せなくなってからもう何年経ったでしょう? でもたとえ話せなくとも、全てを理解していると思ってます。だからいつもいろんなことを報告してますし、頴美も愛も出かけるときや帰宅時に必ず挨拶に来ます。幸いなことに、愛はおばあちゃんがまだ元気で話をし歩いていたときのことを覚えています。

私ももちろん、いろんな機会、いろんな瞬間に美子が元気であった頃のことを思い出します。認知症なんぞにならなかったら、いろんなところに行けたし、いろんな楽しいことを一緒に楽しんだのに、と思うときがあります。でも私たち、いろんなところに一緒に行きましたよね。家族旅行でスペインにも(あゝレンタカーで5千キロ走りました)、南は熊本、北は北海道にも、あゝそれから認知症の初期段階でしたが大連から瀋陽、さらにその郊外の頴美の実家を訪ねました。

こうして振り返ってみると次々と懐かしい場面が蘇ってきます。でも過去への遡行はこれからも美子の傍で一緒に写真を見ながら時おり繰り返したいことの一つです。実は美子、この金婚を機会に、ちょっと詩でも書いてみようかな、と思っていましたが、どうも今回はできそうにありません。その代わり結婚式の写真を大きくアップしましょう。

エメラルド婚(55年)なんて軽々越えましょう。いやダイヤモンド婚(60年)だって二人元気で迎えましょうよ。パパの心からの願いはこれからも二人して元気に過ごすこと、美子がいない日々なんて決して迎えたくありません。できる限り頑張って、そして美子の最期を看取ってから僕も死ぬつもり、理想を言えば美子が息を引き取ってから5分後(いや1分でいいか)、美子の安らかな顔を見ながら死にたいです。

今さら言うまでもなく美子あっての孝です。この数年間、風邪も引かず、持病だったギックリ腰にもならないのは、常に美子からパワーを貰っているからです。どうかこれからもよろしくお願いします。

頴美が撮ってくれた今朝の二人。(クリックしたら大きくなります。その必要ないか)

カテゴリー: モノディアロゴス | 2件のコメント

柳美里さんからのお知らせ


小高駅前に永住を決行され、ブックカフェや小劇場経営に頑張っておられる作家・柳美里さんからのお知らせとお誘いが届きましたので、そのまま転載させていただきます。皆さもどうぞ応援してください。
「佐々木孝さま
自宅裏の倉庫で、9月半ばに「静物画」という芝居を、10月半ばに「町の形見」という芝居を上演しました。
11月4日に放送された「静物画」のドキュメンタリー番組は、dailymotionに上がってます。
11月18日に「町の形見」のドキュメンタリー番組がNHKで放送されるので、是非、ご覧ください。
「静物画」は、来年3月半ばに再演する予定なので、タイミングが合ったら、観に来てください。
来年秋を目処に倉庫を小劇場La MaMa ODAKAに改装する予定です(改装資金を集めるために近々クラウドファンディングを開始します)。2020年の常磐線全線開通時に、平田オリザさんとの共催で浜通り演劇祭を開こうと考えています。
また、いつか、お話ししたいです。
柳 美里」
カテゴリー: モノディアロゴス | コメントする