持続する怒りを


 テレビをほとんど観なくなって久しいが、それでもたまたま点けた画面にこれはと思う番組が映し出されることがある。一昨夕もそうして点けたテレビに「井浦新 アジアハイウェイを行く」(BS2)というのがあった。観るとはなし見ていたらこれがなかなかいい。中でも中国大都市のネット世代を取材したものには、いろいろ考えさせられた。一人の地方出の若い娘は給料の八割近くがスマホ代で消えていくそうだが、将来への展望を全く持たないであっけらかんとしている。

 おそらく日本のかなりの数の若者たちも似たようなものでは、と考えて暗澹たる気持にさせられた。ところが地方の一人暮らしをしている老婆を訪ねたときに、三人ほどの若者たちがやってきた。彼らはボランティアの組織を作って、助けを必要としている人たちに食料を届けたり家屋の修繕を受け持っているという。もしかして日本のテレビクルーが行くことを察知して、行政当局が仕組んだのではと疑ったが、どうもそれは下種の勘繰りだったようだ。

 これで辛うじて暗い方へと傾きかけた気持ちが平衡を得たが、しかしいずれにしても日本だけでなく中国でも先行きの見えない時代に突入しているという事実だけは確かなようだ。

 続いて韓国に入ったが、セウォル号沈没事故から2年過ぎたのに、今なおその傷痕が深くえぐられたままであるという現実を知った。今でも広場で真相究明の署名運動が続いている。そして毎日のようにそこに詰めている一人の父親、高校生の長男を事故で亡くしたその父親の言葉に胸を打たれた。つまりあの事故は積載量をはるかに超える貨物を積んで、ひたすら経済的利益だけを追い求めてきた韓国社会の矛盾を露呈した事故で、その意味でそれを許してきた父親たち自身の罪は大きいが、でもそれ以上に事故の真相究明をいまだにしていない政治や権力者たちに対する怒りは大きい。

 ついでその事故で大勢の修学旅行の生徒たちを一度に失った海寄りの町の高校を訪ねると、亡くなった生徒たちの教室はあの日以来そのままに保存され、机の上には死んだ生徒たちの写真や遺品が所狭しと飾られていた。おそらく納得がいく為政者たちの説明と今後の対策が表明されるまで、こうして教室そのものが怒りと悲しみの場所であり続けるのであろう。

 これが自然災害による犠牲者だったらこうまで根深く怒りを持続させないであろう。つまり暴風雨による自然災害でもあった以上に、人間の飽くなき欲望が生んだ人為的な事故であったが故の怒りなのだ。こう考えると同じような性格の原発事故に対する日本人の、言葉は適切でないかも知れないが淡泊すぎる対照的な反応を思わざるをえない。あれがまるで自然災害ででもあったかのような扱いを受け始めて、すでに忘却の波に浚われようとしている。

 そう考えると、韓国の人たちの慰安婦問題に対する、日本人から見れば執拗すぎると思われる反応についても認識を改めなければならないのではないか。つまりあの問題が人為的犯罪であった以上、単なる声明や補償金などで収まるはずもなく、心からの反省と謝罪を求めていることをもう一度考え直さなければならないであろう。

 さて最後に、またスマホ問題に返る。頴美の話によると、どこかの子供はスマホ使用料が六十万になった例もあるそうだ。こうなると麻薬被害以上に深刻だ。またある幼児は、訪ねて行ったおばあちゃんの家のテレビの前でしきりに手の平を右や左にひらひらさせたそうだ。これなど笑い話で済ませるが、しかし前から言ってきたようにケータイやスマホは放射線以上の被害を子供たちに与え続けている。

 実は数日前、預金通帳を見たらこれまで月々1,730円で済んでいたオリコ・ニフティの引き落としが急に6,038円に跳ね上がっていた。どうやら息子たちが家族割になるとかで、私の分までNTTからソフトバンクに移したことで違約金が4,000円も取られたようだ。違約金の説明など一切なく、ただただお得になりますとの甘言に騙されて。先日の下品な表現を再度使わせてもらえれば、あわよくばケツの毛まで毟ろうとするあざとい商法が横行している。

 IT企業は今や花形企業となっているが、私からすればまさに亡国のための死の商人と変わらない。スマホやケータイなどはお年寄りと体の不自由な方専用にすべきだくらいの異見を持っている。極論はともかく、子供たちをスマホ中毒から守るため、たぶん当局とか行政は渋るだろうから、親たちが結束して自衛のための方法を本気で考えなければならないところまで事態は進んでいると考えるべきであろう。

カテゴリー: モノディアロゴス | コメントする

ボヤキ三題


 詳しく見てたわけではないが、テレビのニュースで、生徒児童に勉学をうながすスマホ(?)用のアプリ(?)が開発されたそうだ。あゝそう、といった感じで見ていたが、しかし後から考えてだんだん腹が立ってきた。どうもこれは、子供たちが勉強しなくなってきたとのクレームが出る前に、いいとこ見せようとしたのとちゃう?

 なんと良心的だこと、と最初は感心する向きもあろうが、要するにそれだけ子供たちの生活にケータイだかスマホだかが(私にはいまだにその違いが分からない)深く食い込んでいるということで、考えるまでもなくそのこと自体恐ろしい事態なのだ。つまり親の領域にまでスマホが割り込んできているということ。そのうち親に代わって子に説教を垂れるスマホが登場するだろう。誰がたくらんでいるのか分からないが(誰が、というよりこれまで再三警告してきたように、広く言えば〈近代病〉、もっと具体的に言えば進歩・発展幻想)、こうして人々は徐々に機械に支配されていく。つまり自身ロボット化していくわけだ。

 以前から書いたり言ったりしてきたことだが、長い目で見れば、これは原発事故で飛散した放射線よりも恐ろしい。なぜなら体を蝕まないかも知れないが、もっと内面の精神を蝕むからだ。

 ところで「…ちゃん! お使いに行ってこー!」とか「…ちゃん! も少しで父ちゃんかえってくっからそろそろ風呂炊いとけよー!」という母ちゃんの命令に、「いま勉強してるのーっ」などという言い訳が効くのは最近のことで、昔は決して勉強が言い訳になんぞになりませんでした。だから見なさい、二宮金次郎さんは薪を背負いながら本を読んどった。以前にも紹介したが、ゲーテは『伊太利紀行』の中で、よちよち歩きの幼児までが家計の助けにと木っ端集めをしてるナポリの光景に感動してました。

 誤解してもらいたかないが、私は何も国粋主義者のように修身を復活させよなどと言っているのでもないし、貧困を称賛してるわけでもない。言いたいのは現代日本はNTTやKDDI(両社の関係も良く分からんとです)、そして任天堂などの、知能指数は高いかも知れないが人間的には単細胞の開発業者によって支配されているも同然だということ。

 ちょっと下品な言葉だが、ほんとそのうちそうした業者たちに「ケツの毛までむしり取られ」ますぜ。喜劇的いや悲劇的なのは、ケツの毛までむしられているのに、その自覚症状がないことだ。

 風呂で思い出しました。昔はどんな家でも風呂は木や石炭で沸かしてました。だから私など、中学生のころまで月に二度くらい、兄貴と近所の材木屋さんとか工場(確か箸工場がありました)にリヤカーでバタ材をもらいに行ったものです。あらバタ材ご存じない? バタ材とは丸太を製材したときに出る一番端の、皮が付いたままの状態の板です。工場などからそれを安く分けもらったものです。その頃の風呂は故障など無縁でした。

 ところが今ではすべてガスや石油や電気の給湯器で、焚口で薪をくべなくとも全自動です。でもいまの電化製品すべてと同じく、故障するともうお手上げです。実は我が家の給湯器も最近ひんぱんに故障するようになって、その度に福島市から修理人に来てもらってます。三日前ほど前もお湯の出が悪くなって修理を頼んだのですが、その人は修理のたびに出張費や技術料をいただくのはシステムだから仕方がないけど心苦しい、そろそろ買い替えた方がいいですよ、と勧めてくれました。どんな製品でも10年から12年でガタが来るそうです。

 ガタが来ないような製品をなぜ作らないか、ですって? 適当にガタが来るように作らなければ商売にならないからですよ。お役所もその辺のことは了解済み、というか当然のこととして認めているようです。なぜって国民より国の発展が大事なんですから。こうしたカラクリを天野祐吉さんが『成長から成熟へーーさよなら経済大国』(集英社新書、2013年)の中ですっぱ抜いてますが、ともかく職人気質は遠い過去のことで、いまどきは便利で多機能の製品を作ることにかけては冠たる日本ですが、堅牢さに関しては昔の比ではありません。

 最後のボヤキ。先日クリニックでのいつもの検診で、糖尿病の方の数値は落ち着いてますが、今回はちょっと血圧が高いです、と言われた。そんなことを言われたのは初めてなのでびっくりしましたが、ただなぜ血圧が高かったのかは説明がつく。クリニックに行く前に例のAUでケータイ買い替えのことなどで興奮したまま駆け付けたからだ。でも気にはなった。それでアマゾンで安いデジタル血圧計を調べてみた。上腕に巻くやつと手首に巻くやつと二通りあるらしく、値段もピンからキリまで。見てるうちに疲れてきて、同時に馬鹿らしくなってきた。これは放射線の線量計と同じで、気にし始めると止め処(ど)がなくなるぞ、と分かってきたからだ。もともと血圧はいろんな要因で高くなったり低くなったりしているもん。それをいちいち気にしてチェックしてたらどうなる?

 人間の体、注意してればいろんな信号を出している。今でも思い出すと怖くなるのは、こちらに越してきて間もないころ、後頭部から首筋にかけてやけに痒くなり、それを掻いてたら膿疱状態になり、しばらくティッシュを当ててたら、まるでジャングルを逃げ回る敗残兵みたいで、さすがに怖くなった。それでクリニックに行く気になり、そこで初めて自分が糖尿病になっていたことを知った次第。もちろんこれでは遅すぎ。痒くなった時にすぐ医者に診てもらうべきだった。要は注意してやれば、体はきちんとシグナルを出しているということだ。

 特にこの歳になって、長らくご苦労をかけてきた愚かな兄弟(中世の聖者たちは自分の肉体をそう呼んだ)を大事に労わってやれば、それなりにいろいろ教えてくれるはずだ。だから…デジタル血圧計は買わないことにした。

カテゴリー: モノディアロゴス | コメントする

第XⅢ巻刊行のお知らせ


 この暑さの中、『平和菌の歌 モノディアロゴスXⅢ』が完成しました。収録したのは昨年八月から今月一日までのものです。なるたけページ数を抑えようとしましたが、それでもとうとう288ページになってしまいました。表題に「平和菌の歌」を選んだのは、この期間、やはり一番頑張ったのは豆本歌集の作成でしたからすんなり決まりました。もちろんスピードはがくんと落ち、時おり思い出したようにちびちび作っています。現在、散布済み994冊、手元に215冊、つまり累計1209冊です。
 ところで第XⅢ巻のことですが、これまで通りご希望の方に頒布しますので、このページ右下にある「呑空庵刊私家本のご案内」をクリックして手続きしていただければ幸いです。ただしこの暑さの中、一枚一枚手折りの私家本ですので、ご注文から少し時間をいただければありがたいです。どうぞよろしく。
 私自身、こうしてウェブで執筆していますが、あくまでアナログ人間なのでしょう、自分の文章なのに印刷されたものにまったく違った印象を受けます。皆様にも読み直していただければ幸いです。
 なおこの暑さで「あとがき」を書く気力もなかったので、右のコメント欄の上出勝さんの五月六日の書き込みを、お断りしないまま勝手に「あとがき」に代えさせてもらいました。事後承諾ですみませんが、上出さん、お許しください。

※ 参考までに私自身の遁辞を以下にコピーします。
あとがきに代えて
 第十三巻は漠然と自分の誕生日ごろ、つまり喜寿を迎える頃にと考えていたが、なんとか予定通りにはなった。しかしこの暑さの中、改めて「あとがき」を書く気力は出てこず、それで最後近くにあった上出さんのコメントをあとがき代わりにさせてもらおう、とずるいことを考えた。東京の現役の弁護士さんだが震災後月一度の割合でずっと南相馬、特に小高地区へボランティアとして働いてこられた方である。私とは違った角度から被災地の現状を観察しているので、私の現状分析に客観性を与えてくれるのではと、再度本書に採録させていただいた。他にも阿部修義さんのものなどいつかぜひご紹介したいものがあるのだが、それはそれでまた第十四巻のお楽しみにしよう。
 とうとう本書で十三巻目、論創社から出してもらった『原発禍を生きる』を加えると、これで原発事故以後だけでも九冊目になる。我ながらあきれるほどの量だが、ここまで来たからにはこれからも執念深く書き続けるつもりである。(二〇一六年九月五日記す) 

カテゴリー: モノディアロゴス | 9件のコメント

敬老祝い金


 今日の郵便物の中に、市役所からの「敬老祝い金支給に係る」書類一式が入っていた。つまり9月15日の基準で77歳(喜寿)と88歳(米寿)になるご老人へそれぞれ1万円支給するから必要書類を提出せよとの知らせである。あゝそういう歳になったんだという、ある種悲哀感をもたらす知らせでもある。いえ、頂けるものなら喜んでいただきますよ。必要書類といっても要するに口座振込依頼書だけでしょう。いやよく見ると「※口座番号・名義等が記載された部分の通帳写しを添付願います」との但し書きがある。

 あゝいいですよ、すぐ目の前にパソコンがありスキャナーがあるのでお安い御用です。でもねー、スキャナーやコピー機が手元にないご老人はあわてるでしょうなー。息子や娘と同居しているならまだしも、一人暮らしのご老人にとっちゃーこりゃー大仕事になりません? たかが1万円のためになんて言いませんが、書類にハンコも押してるんだからもっと簡単にいきません?

 確か一昔前なら、区長さんが回ってきて、「おめでとさんです」と温かい挨拶のあとに熨斗袋に入った祝い金を渡しながら「すまんけど、ここにちょっくらハンコついてもらうべか」で済んだはずなのだが。※

 老人や病人や体の不自由な人にとって、この世の中いよいよ住みにくくなってきていることは間違いない。以前も書いたことだが、美子の介護をしていると、「コーヘイ」や「アンゼン・アンシン」が錦の御旗になって、ちょっとしたことにも大量の書類と捺印が必要になっている。今のところ、わたしゃーぎりぎりセーフですが、いつも世のご老人たちのことを考えて、複雑な気持ちにさせられてます。

 何事ももっと簡単に、そしてもっと優しく人間的にいきません? 

 ついでに言わせてもらいますが、先日購入したケータイの説明書、やはり字が小さすぎて拡大鏡を使わないと読めません。本も読まない、勉強もろくろくしないでばっちし視力だけはいい若い人にとっちゃコンパクトでいいかも知れないが、長年の勉学のために(?)視力が衰えたこの私には、字が小さいだけでなく書かれている日本語の分かりにくさはそりゃー堪えます。これじゃクレームをつけられないようにやたらむつかしい文章をごたごた並べた生命保険の約款みたいで、わたしゃ好きくない。

※ 同じ福島県でも郡山市では民生委員が自宅等を訪問して贈呈しているそうだ。

※※ それでいて今の日本には奇妙なやさしさが氾濫している。いつも笑ってしまうのは、袋に入った食品、例えばお菓子などの袋に「写真はイメージです」という訳の分からないメッセージが刷り込まれていることだ。誰も写真と中身が寸分たがわず同じだとは思わないのに、いつかどこかの消費者が、写真のものと中身が同じじゃない、とクレームを付けたばっかりに、それ以来すべての食品会社は、外袋の写真が中身そのものの写真である場合でも、このバカげたメッセージを印刷するようになったらしい。
 これも前述の保険会社の約款みたいに、過剰なまでの自己防衛である。
 ついでにもう一つ。杉並にワンルーム・マンションを一つ持っているのだが、今じゃオリンピックを控えてだろうか二日とおかず東京の不動産屋から問い合わせがあってかなわん。だからいつもは留守電にセットしているのだが、それでも運悪く直接相手の電話を受けてしまうことがある。その時の彼らあるいは彼女たちのいやらしいまでにバカ丁寧な言葉にウンザリさせられる。たとえばこんな風に。「もしもしこのお電話、佐々木孝様のお家でよろしかったでしょうか」。この「よろしかったでしょうか」という奇妙な日本語を聞くと正直虫唾が走る。丁寧なようで、しかし自分を第三者の高みに置いて遠回しに責任を回避しようとする浅知恵まる見えの言葉遣い。
 意味のない過剰なまでのサービスと、その実、誠実味のひとかけらもない機械的な対応、これが今の日本。
 いけねーだんだん腹が立ってきた。この辺でやめよう。

※※※ 憎まれ口をもう一つ。テレビでチューリッヒとかいう自動車保険のコマーシャル。応対する可愛い女性の、また何というオリコーさんの受け答え。「…はこのカカクです」あたりはまるで小鳥の鳴き声のよう、というよりあまりに感じの良さを誇示しているようで、やはり好きくない。さっそくどこかの保険会社がそっくり真似し始めてますぜ。要するにこれでもかこれでもかという具合に過剰に良い子ぶりっこしてるようで逆に嫌味になってるんですわ。(影の声 やたら気難しい爺さんになってしもたわい)

カテゴリー: モノディアロゴス | コメントする

あゝ、ごせやける!


 最近特に物忘れが加速しているようだ。そんなとき晩年の埴谷雄高さんがしきりに物忘れを嘆いておられたことを思い出す。博覧強記の埴谷さんでさえ、あるいはだからこそ、おのれの記憶装置にガタが来たことを敏感に意識されていたのだろうが、埴谷さんとは比較にならぬ低い次元で、この私も早くもボケが始まっている。

 ケータイなど時間を見たり目覚ましに使う以外はほとんど利用しないが、そのケータイをいつ買ったか、どうも思い出せない。確かその前にもう一台使っていて、それとの機種交換を安くしますから、との誘いを受けて購入したはずだが、はてそれがいつだったか。たぶん美子が胸椎の骨折で入院したころ、六号線手前のAUで買ったのかも。とすると八年近くも使っていたことになり、持ち主同様ガタが来たのか。というのは昨朝、枕元に置いたケータイがコトリとも鳴らず、触ってみると少し熱っぽくなっていて初期画面も出なければ、充電器に乗せても一向に反応しなかったからだ。とうとう寿命が来たか。 

 それで台風十号が通り過ぎてやけに陽射しが暑くなった午後、そのAUに行ってみた。店には5人ほどの若い男女の店員さんがいて、銀行や郵便局のように入口の機械で番号札を受け取り、ソファーに腰を下ろして待つことにした。ところが30分ほど待たされ、そろそろ置いてきた美子のことが心配になって、順番がいつ頃になるのか問い合わせると、あと五分とのこと。実際はその二倍の10分過ぎにようやく若い男が近づいてきて、故障かどうか調べてみましょうとケータイを持っていった。戻ってきて言うには、どうも内部の何とかが破損しているらしく、データも取り出せません、とのこと。仕方ない、じゃこれと似たような簡単操作のもの、いわゆるスマホではない普通のケータイをくださいとの注文に、持ってきた四色のものから老人らしく黒の、これまでのより少し長く少し薄目のケータイを購入することにした。

 ソファーに座っていた私のところに来たその若い感じのいい男、片膝をついて応対する様子は、まるでキャバレーで注文を聞くホストみたいで(行ったこともないのに)、言い値の3万7千円は年金暮らしの老人にはちと痛いが、しかしキャバレーかどこかで飲まされるドンペリに比べれば(飲んだこともないのに)安いか、などと思いながら用意して行ったなけなしのもので支払った。

 ところが、である。夕方、机の上に置いていた古い方のケータイから突然アラームが鳴りだしたのだ。セットしたのは8時のはずが、とんでもないときに作動したわけだ。そして何たることか、それ以来正常に機能している! 実はAUで帰りがけにこれ処分してもらえますか、と男に頼んだところ、もしかして回復するかも知れませんのでお客さんがお持ち帰りください、と言われて持ち帰ったのだが、彼の予言が当たったわけだ。よかった、よかった。

 命の無い機械がこのように突然回復するなら、生きている人間もボケてきたなどと簡単にあきらめない方がいいのかも知れない。一時は店に取って返して返品しようか、とも思ったが、いずれまた故障するなら、この際思い切って新品を使おうと思い直した。新機種の説明書はやたら字が小さくて読みにくいが、頭の体操と思ってゆっくり操作方法をマスターしよう。そうだ、古い機種から新しい機種へデータを移す方法もおいおい勉強して。と、ここまでがいつもの通り異常に長い前置きで、本当に言いたかったことは以下のニュースを読んでの感想、というより怒りである。

「安倍晋三首相は13日、年内に予定されるロシアのプーチン大統領の訪日について、「プーチン氏が来日する際には、地元の下関にお連れしようと思っている」と述べた。首相の選挙区である山口県下関市で開かれた会合で語った。」

 このニュースをどこの新聞も淡々と報じているのだが、彼の天敵貞房氏は怒り心頭に発している。アメリカ議会での演説、各国首脳を伊勢神宮に迎えたことなど、彼がやることはすべて大向こうのウケ狙いである。今回、大国オロシャの大統領を彼の地元に招こうとしているのも、なんのことはない、おのれのプレステージを誇示するための小芝居じみた大芝居(あるいはその逆)であることは間違いない。つまり母方の祖父・岸信介、大叔父・佐藤栄作に続く長州イデオロギーの継承者・体現者として歴史に刻まれたいとのひたすらなる名誉欲の現れ、まさにカッコマンの面目躍如といったところだ。国の命運よりも一族そして彼自身の名誉の優先。彼が後に日本を太平洋戦争という狂気の愚行に導いた長州イデオロギーの現代における忠実この上ない信奉者であり、それが今回の芝居がかった設定の真の狙いであることを、なぜきっちり指摘し、それを批判、いや少なくとも茶化さないのか。今日までそうした論調を目にしたことがない。

 物忘れは加速しているかも知れないが、それ以上に現在の政治そしてマスコミの迷走に今日(あっ昨日になってしまった)喜寿を迎えたこのロートル瞬間湯沸かし器が沸騰しっぱなしなのだ。国のあり方についての深刻な反省と将来への展望もないままにポケモンGOやオリンピックに浮足立っているわが日本よ、お前はどこに行こうとしている?

カテゴリー: モノディアロゴス | 1件のコメント