老境と読書


 テレビ番組を見て楽しむなんてことは最近めったにしないが、この間からのWBCの試合は準決勝までの六試合を、美子の夕食の介助をしながら鏡像で、つまりテレビ画面が見えるように鏡を布団の上にセットして、結局は全部見てしまった。

 ところが昨日、ドジャー・スタジアムでのアメリカとの準決勝だが、日本時間の朝十時からのはずが、なんと2時間前から原・元監督などをゲストに番組が始まっているではないか。これじゃ騒ぎすぎだろう、ともちろんそんなものは見なかったが、しかし肝心の試合、なんとも期待外れに終わった。筒香や中田の大砲も音無し。エラーで得点献上の埋め合わせでライト方向にホームランを打った菊池は辛うじて及第点を取ったが、なんとも気合の入らぬ選手たち。「世界一奪還」など鳴り物入りで始まった今年の試合だけど、やっぱ事前の騒ぎ過ぎで選手たち疲れたんとちゃう?

 負け試合濃厚になっても、選手たちに悲壮感は見られず、中には笑顔のまま。高校野球並みとまではいかなくても、みんなで円陣を組んで気合を入れるとか、もう少し本気度を見せてほしかったなあ。もっと気楽にみればいいのだが、昔から国際試合となるとバリバリの愛国者(愛国主義者ではありませんぞ!)になるのは治りそうもありません。

 そんなこともあって読書の方も気が入らず、相変わらず大江の健ちゃんの三部作最後の『さようなら、私の本よ!』に難渋している。気分転換にと、二階の段ボールにまだ残っていた祖父・安藤幾太郎の蔵書を4冊ほど持ってきて蘇生術を始めた。まず徳富健次郎の『青山白雲』(民友社、明治31年)、次いで滝沢馬琴(興邦)の『南総里見八犬傳(中巻)』(博文館、明治42年、20版)。両著とも堅紙で表紙を補強して茶色の布をかぶせ、見事に蘇った。健次郎の方はもちろん読めるが、馬琴の方は中巻だけであるのはともかく、私の読解力では読めそうにもない。例えばこんな文章である。

「交遊の厚薄き。只その損益二友にあり。こゝをもて。その志愜(あわ)ざるものは。肝胆も猶胡越のごとく。その志同じきときは。千里といふも合壁に似たり。、、、」

 読点のところが句点になっているのは誤植にはあらずして原文のママ。ともかく私にはすんなり読めそうにもない。こんな文章が1214ページも続くのだ。助けてくれー!

 しかし中巻であることもそうだが、このまま読まないで放置しておくのは、どうも気になる。調べてみると岩波文庫から十巻本で出ているようだ。少しは読みやすくなっていそうだが、でも値段はかなり高くつく。話の概要をつかむためなら子供向けの要約本でも間に合うだろうが、私のプライド(?)が許さない。それでアマゾンで調べたら白井喬二現代語訳(河出文庫版)があった。これならわが能力とプライド双方をある程度満足させるだろうと注文しようとしたが、これも上下二巻で二千円近くになる。残された時間と体力(?)を考えると、読めもしないものに二千円の出資はちともったいない。しかしさらに調べてみると、同じものが1976年に一巻本でも出ているではないか。これだと168円+送料267円で買える。決めた!これで博文館刊の中巻もなんとか読めるようになるだろう。

 ところが話はこれだけでは終わらない。つまり大長編物で不意に思い出したのが中里介山の『大菩薩峠』、そしてたしかこれについて安岡章太郎さんが長編評論を書いたのではなかったか、と思い出したのだ。それで二階廊下の本棚からその二巻本を持ってきた。『果てもない道中記』(講談社、1995年)である。これは氏が胆石の発作に心筋梗塞を併発して半年ばかり入院した際に無聊を慰めるために全巻を読み通し、そのあとめでたく癒えての療養の日々に書いたもの。つまり71歳から75歳までの4年簡雑誌『群像』に書き続けた作品で、第47回読売文学賞随筆・紀行賞を受賞した力作長編である。

 ここまで書いてきたが、しかしご覧の通り、すべては老境と読書というテーマに沿っているわけだ。大江健三郎の三部作のその主題についてはすでに述べたが、安岡章太郎さんの『果てもない道中記』の主題も、老境に差し掛かった、というより迫りくる死を前にした作家の覚悟みたいなものの表白である点でも同一のテーマを追いかけている。大江のそれが『ドン・キホーテ』とT.S.エリオットがそのご相伴を務めているとすれば、安岡章太郎さんのそれは『大菩薩峠』ということだ。もっとも安岡さんの場合、以後最後の作品まですべて悠揚迫らぬ「死の観想」だと言えなくもないが。

 安岡さんは92歳で亡くなられたが、大江さん(おやいつの間にか「さん」呼ばわり)はまだ82歳の現役作家である。大江さんのものが一段落したら安岡さんの『果てもない道中記』を読み直そうか(もしかして今回が初めてか?)。
 とにかくわが人生総括にいい先導者が見つかって良かった良かった(笠智衆さんの物真似で)。

カテゴリー: モノディアロゴス | 1件のコメント

総括に向けて


 『ドン・キホーテ前編』はまだ第13章で止まったままである。先日も書いたように、同時に読み始めた大江健三郎の『憂い顔の童子』に予想以上に手こずっている。それならやめてしまえばいいものを、何か気になる。それは著者自身と思しき主人公・長江古義人(ちょうこう・こぎと)が故郷に戻って自分の生涯の総決算を『ドン・キホーテ』の骨格をなぞりながら試みようとしているからだ。

 おまけに作品の複雑な構造、つまり本作品以前に書かれたことの経緯を細部まで踏まえながら、そしてそれに新たな意味づけをしながら、同時に現実に起こる様々な出来事やら事件やらを絡ませるという多層構造になっており、さらに彼の文体そのものが私の老いた脳髄ではすぐには理解できないほど難解ときている。このもつれに堪えられなくなって、前述したように何度も放り出そうとしたのだが、いろんな意味で現在の私自身が置かれている位相と類似性を持っているらしいので、結局は最後まで読み通すであろう。そうしないとどうにも納まりがつかないのだ。

 それだけでなく、この『憂い顔の童子』が最後の(かな?)三部作の二番目に当たっていることで、最後までとなると、他の二書をも読み通さなければ完結しないから始末が悪い。どこかでもう書いたことだが、現存する作家でそのほとんどの作品をそろえている作家は他にはいない。今そろえている、と言ったが、文字通りそろえているだけで初期、中期の作品のいくつかを読んだ以外、そのまま積ん読状態である。要するに、私にとって大江健三郎は光さんのことも含めてどうにも気になる作家であり続けてきたのだ。

 先ほど三部作といったが、具体的に言うと『憂い顔の童子』(2002年)は、『取り替え子』(2000年)と『さようなら、私の本よ!』(2005年)の中間に位置する作品である。それなら『取り替え子』に戻って最初から読み始めればいいものを、半分近くまで来て今さら戻るのも癪とばかり、強引に読み進めている。

 先ほど、私の現在置かれている位相と言ったが、例えば登場人物の一人、古義人の研究家でもあるアメリカ人ローズさんの次のような古義人観にもそれは表れている。少し長いが引用してみよう。

「私が幾度も幾度も『ドン・キホーテ』を読むのは、そうした探求のためなのね。古義人がアカリを連れて森のなかに帰って来たのは、あなた自身たびたびいうように、老年に入ったと自覚するからでしょうけれど、もうひとつは、「読みなおす」ことのためじゃないですか? それも、あなたの場合、他の作家作品を読みなおすのじゃない。それをふくめてもいいけれど、なにより大切なテキストは、あなたの書いたこと・してきたことのすべてだと思います。
 古義人は、自分の書いてきたこと・してきたことを、その構造のパースペクティヴのなかで読むのじゃないでしょうか? それが、言葉の迷路をさまようのではない、老年に入った人間の生死の、方向性のある探求になることを望むわ。」

 これはまさに原発事故以後、私が初めは無自覚に、そのあと徐々に意識的にやろうとしてきたことではないのか。ここで白状すれば、実はここ十日ほど大江作品と並行してゆっくり(これはわざとじゃなく、読解力の衰えからだが)読み進め、昨日ようやく読み終えたのは、今から40年ほど前に発表した『ドン・キホーテの哲学―ウナムーノの思想と生涯』(講談社現代新書、1976年)なのだ。しっかり読みなおすのはこれが初めてである。雑誌や紀要などに文章を書いてきたが、一冊の本にしようとして書いたのはこれが唯一の作品。若書きの未熟さは随所に目につくが、しかし改めて読んでみると私の世界観、人生観の基礎構造はこの作品の中にすでに明瞭に表れていることに我ながら驚いている。この本を含めて、残された時間の中で何とか自分のこれまで書いたものを再読し再考しようと思うが、もう一つぜひやりたい作業がある。それは美子の卒論”The Prufrockian World”(プルーフッロク的世界、私家本『峠を越えて』に収録済み)の和訳である。

 そうした思いにとらえられたのは、大江健三郎の三部作の最後に来る『さようなら、私の本よ!』では、『憂い顔の童子』におけるセルバンテスの『ドン・キホーテ』の役回りを、T.S.エリオットの詩作品、特に「ゲロンチョン(小さな老人)」が担っていると知ったからである。もし美子が和訳のことを知ったら大喜びするだうと考えると、複雑な思いがするが、なに分かってもらえなくとも構わない。孝が美子と二人の人生の総決算をしようとしていることを絶対に喜んでくれると信じて作業を進めるつもりだ。

 今さら本格的にT.S.エリオットを読むつもりもその時間もないが、少なくとも美子の卒論にまつわる彼の作品ぐらいは読みたいと思っている。それには。認知症発症後、後の祭り(?)とは思いながら買い求めた中央公論社版『エリオット全集全五巻』や”Complete Poems and Plays of T.S.Eliott”(Faber and Faber,1978)が役に立つであろう。

 私たち二人の人生の総括のための貴重なヒントを与えてくれた大江健三郎氏に感謝したい。どなたか彼と繋がりを持っている方がおられたら、「おかしな二人組〈Pseud couple〉」(『さようなら、私の本よ!』第14章タイトル)ならぬ「真正な二人組(Genuine couple)」よりとして、この感謝の気持ちを伝えていただければ幸いである。

※ このごろ頭が疲れると、先日本箱の隅から見つけて装丁し直した一冊の子供向けの薄い英語の本を2、3ページ読むことにしている。それは”More Funny Stories”(Oxford Univ.Press,1991)で38編ほどの小話の入ったやさしい英語の本である。私の英語力でも読める(ぴったりの?)英語で書かれていて、それをゆっくり読んでオチが分かると、不思議な安らぎを覚える。特に大江健三郎の本を読んだ後など、実に効果的だ。買った覚えもないし、もらった覚えもない本だが、ユーモア・センスあふれる挿絵がまた心を和ませてくれる。

カテゴリー: モノディアロゴス | コメントする

鳥の物語


※これはあの大好きな『銀の匙』の作家・中勘助の同名のお話ではなく、とびきり現代の寓話です。 

 あるところに大きな、わりと見映えのいい池がありました。でもその池の水は一見きれいに見えましたが、それは見かけだけで、池の底が見えないほど濁ってました。150年ものあいだ(人間世界で言うと明治維新以降)淀んだままでしたから無理もありません。この池を支配する鳥(ちなみにスペイン語で鳥はアベと言います)一族の祖先にはこれまで二人も頭目が出た名門中の名門です。

 でもある時、かつて池の防災担当だった部下の大雁またの名をひしくい(漢字では鴻と書きます)がその鳥一族に傾倒する隣りの池の鳥から、一族の未来を担う雀の学校(校舎は籠です)を作るから何かと便宜を図ってくださいとの働きかけを受けました。その際、鳥社会でも禁じられている賄賂を持ってきたので、元防災担当は「無礼者、とっとと帰れ!」と言ったそうですが、そのあまりに芝居じみた説明を聞いて、それは後からの口裏合わせでは、ともっぱらの噂です。でもボス鳥をはじめそのことを必死に隠そうとしています。とんでもない巨額のお金が関係しているので、当然の疑惑です。

 そんな折、今度はこの池に隣接する稲田に汚染水が流れ込んでいることが判明し、鳥一族は大慌てです。いよいよヤキが回ってきたのかも知れません。

 今日も池にはしきりに動きまわる一族の鳥たちの姿が遠目にも見えますが、そんな時、むかし人間世界で流行った小松政夫の戯れ歌がどこからともなく聞こえてきました。

    ♫♪ しらけ鳥 飛んでゆく 南の空へ
      みじめ みじめ
      しらけないで しらけないで しらけたけれど
      みじめ みじめ ♫♪

カテゴリー: モノディアロゴス | 3件のコメント

すべて人生の薬味・滋養


 これまでずいぶんものを知らないで生きてきたんだなあ、と思うことが最近目立って増えてきた。例えば今日など、三月は弥生か、それじゃ旧暦で月の数え方全部言えるだろうか、と考えてみたら、途端に自信がなくなった。特に7月、9月が出てこない。睦月、如月、弥生、卯月、皐月、水無月…そうだ文月だ、次いで葉月…うーんと長月、神無月、霜月、師走。六月の水無月がそのころ田んぼに大量の水を必要とするから、とは知っていたが、さて他の月にはどんな謂れがあるのだろう。そのうち調べてみなきゃ。

 大気が乾燥しているだけじゃなく、灯油ストーブを使っているせいか、ときどき背中あたりが痒くなる。そんなときのために机の脇に常時孫の手を掛けている。ちょっと待て、ほんとに孫の手なんだろうか。辞書で調べると、孫は麻姑の当て字で、その麻姑は中国の伝説上の仙女とある。つまり「後漢のころ姑余山で仙道を修め、鳥のように爪が長く、それで痒いところを搔いてもらうと、とても気持ちがよかった」かららしい。なるほどそういうことか。

 ことほどさように、知らないことがいっぱい。そんな意味でも、いま読んでいる岡村訳『ドン・キホーテ』はいろんなことを教えてくれる。まだ第十二章あたりをゆっくり楽しみながら読んでいるのだが、ドン・キホーテやサンチョの科白(せりふ)が実に面白いし生きている。いずれ会田訳や牛島訳と比較するかも知れぬが、今はとりあえずスペイン語原文を時折参照しながら読んでいるのだが、岡村氏、原文からは決して離れず、しかも実に自由闊達に訳している。たとえばサンチョが主人への感謝の意を表すのに「感謝感激雨霰」などという懐かしい日本語をさりげなく挟んでみたり、「臥薪嘗胆」とか「白髪三千丈」などという漢語が実に自然に遍歴の騎士物語の中に溶け込んでいるのだ。

 そればかりか原作者の向こうを張って(?)、原文にはない言葉遊びさえしている。たとえば「<馬鹿を申せ>と、ドン・キホーテ。《幾人討ったとて、罪に問われる遍歴の騎士がどこの世界におる。さような例を見たことがあるか?読んだことがあるか?》《人を売ってどうのこうのなんて、おら、なんにもわからねぇ》と、サンチョ。」
 つまりhomicidios(人殺し)という騎士の言葉を従者は聞き間違えて単なる悪意ほどの意味を持つomecillosという当時の俗語に言い換えたわけだが、それを岡村氏は「討った」と「売って」と二つのまったく別の意味の言葉で遊んでいるわけだ。

 他の訳者はここをどう訳しているかいつか調べてみたいが、とにかく大変長丁場の苦しい翻訳作業だったとは思うが、しかし楽しみながら翻訳を進めたらしいことがこれ一つとっても充分うかがえる。

 以上はスペイン語から日本語への翻訳の話だったが、今度は逆に日本語からスペイン語への翻訳の話である。他でもなく現在進行中の私のスペイン語版作品集のことだ。先の『原発禍を生きる』ですでに実証済みだが、ハビエルさんが今回も冴えた訳筆をふるっている。たとえば『ピカレスク自叙伝』の中で主人公の少年(私でーす)に向かって、兄が「お前は橋の下で拾われたマンジンの子なんだぞ」と言った時、側で聞いていたおやじは、なんとも訂正しなかったではないか、という箇所で、とつぜんこんなスペイン語が出てきて、最初は間違いではないかと思った。つまり直訳すれば「この口は私のものだとは言わない」(no decir que esta boca es mia)という訳文だが、よく調べてみると確かにその表現が辞書にあった。つまり押し黙ることをそう表現するらしい。これも原意を十分咀嚼したうえでの一種の言葉遊びであろう。皮肉やダジャレ混じりの拙文にはうってつけの訳者であることが再確認できて嬉しい。

 とここまで書いてきて、かなりの回り道になったが、実は今晩(おっともう翌日になった)ぜひ書きたかったのは、今晩いや昨晩7時半から放送されたNHKクローズアップ東北「もっと笑える~医療的ケア児と家族の日々~」についてであった。番組紹介は以下のようになっている。

「山形県鮭川村で旅館を営む元木家。長女の陽菜さん(13)は、原因不明の難病で目や脳に障害があり、日常生活を営むために栄養剤の注入などの医療行為が欠かせない「医療的ケア児」だ。村には訪問看護などのサービスがないことから、母親の美香さんが医療行為を行ってきた。そんな元木家は家族ひとりひとりが楽しく暮らすためにできることを見つけてきた。元木家の穏やかな日々を見つめる。(語り:杏)」

 ほぼ寝たきりだが、家の美子と違って陽菜(ひな)ちゃん時折手足を動かすことができる。妹と昼寝をしながらその妹に両腕で絡みつくような動作をすることもある。お腹から栄養剤(美子のエンシュアとは違うようだ)を注入しなければならない陽菜ちゃんはお母さんの四六時中の介護が必要で、この先どうなるのか、それは確かに心配である。しかし茶髪で元気に介護するお母さんの美香さん、旅館業で忙しいお父さん、鮭川村でただ一人の小学生の可愛い妹とのこの四人家族の明るさはどうだろう。まさにホラチウスのCalpe diem(この日を掴め)!を見事に実践している。さしあたっての問題や苦労はないがしょっちゅういがみ合っている「幸福な」家庭よりも数千倍も幸せな家庭を作っている。

 美香さんにこれまで多くの試行錯誤、ご苦労があったことは間違いないが、いつも前向きで、介護の作業一つひとつを実に丁寧に、しかも絶えず工夫を凝らしてこなしている。つまり介護を楽しんでいるとさえ言える。要するに美香さんだけでなくこの元木家にとって、陽菜ちゃんは太陽のような存在なのだ。私にとって美子がいわば生きる原動力であり活力源であるのと同じ。何を無理して、いい子ぶって、と言いたい奴には言わせておく。

 元東京都知事であった男が、在任中、胃ろうなどで命をつないでいる病人がいては都の財政が逼迫するだけだ、などとほざいたことがあったらしいが、その元知事の豊洲移転問題で記者会見をしているのを陽菜ちゃんの番組のすぐ前にちらっと見たが、なんとも痛ましい姿だ。

 いや玄関先から車までヨタヨタ歩くのはいい。私だっていずれそうなる。しかし会見に臨む心境は、と問われて、果し合い前の侍の心境だ、なんて口だけは達者。そのサムライが言ったのは「私だけの責任じゃない」とまことにみっともない言い訳。かつての最高責任者が言うことか! 武士の風上にも置けない卑怯な言いぐさ。おぬしは侍なんぞじゃない、湘南の元不良の成れの果てだ。会津侍の血を引く(らしい)貞房が言うことに間違いなし。

 さてこれまで翻訳の話と陽菜ちゃんの話と全く関係のなさそうな話題二つを書いてきたが、わたし的には(おゝ嫌だこの言葉!)同じ一つの主題である。つまり簡単に言えば、すべてを、たとえそれが表現上の困難であろうが、生活上の不便や介護であろうが、すべてを前向きにとらえて、できればそこに楽しさ、喜びさえ見つけようとの姿勢である。そこに負け惜しみや無理はない。

 だって一度限りの人生だろ、だったらすべてはその人生の薬味であり滋養であり、無意味なものは一つもないはずだ。

カテゴリー: モノディアロゴス | 4件のコメント

キホーテ尽くし


 このところ歯の具合が悪くてどうにも調子が出ない。上の歯はとっくの昔から総入れ歯だが、最近、差し歯で頑張ってきた下の歯も寿命が来たのか、ぐらぐらしてきて、とうとう下の歯も総入れ歯にすることになった。いや正確に言うと、入れ歯を支えるため二本の前歯を残しての作業なのだが……

 差し歯と入れ歯の違いも分からないので、どうも説明がむつかしい。要するにいま治療中のためうまく噛めず、おまけに痛いので、食事はおかゆと柔らかく調理してもらったものを上唇と歯茎と舌で何とか呑み込んでいる。歳をとるということは、そういうものだ(ケセラン・パサラン)。

 そんなこともあってモノディアロゴスも休みがちになっていたが(たしか今までの最長の休み)、体調を崩してるわけでもないのでご安心ください(だれに向かって言ってる?)。

 いや正直に言うと、歯の調子のせいばかりでなく、このところいろんな本を同時に読んだために頭が混乱しているわけだ。最初は通りがかりにたまたま目に入ったG.グリーンの『キホーテ神父』をまだ読んでないことに気づき読み始めたのだが、そこに若い友人の岡村 一さん(熊本学園大学教授、スペイン中世文学専門)から出版されたばかりの『ドン・キホーテ(前編)』(水声社)が送られてきた。氏が長年にわたって紀要に分載してきたものがとうとう本になった(後編は続いて出るようだ)と、これまでのご苦労を知っているだけに、我がことのように喜んだ。で、これも読み始めたのだが素晴らしい訳文に仕上がっている。会田由訳、そして我が亡き友・牛島信明さんの訳などで読んできたはずなのに、まったく新しいドン・キホーテに出会った感じがして、衝撃を受けている。

 どこかの新訳文庫のキャッチフレーズに「いま、息をしている言葉で」というのがあった。実はその文庫から頼まれてオルテガの『大衆の反逆』を訳していたが、編集者と折り合いが悪く、もっとはっきり言えば原文も読めないのにやたら訳文に手を入れてくることに嫌気がさして、そしてそこに大震災が降ってわいて、それをいいことに関係を断ち切った。その経験から新訳一般に見られる「つるんとした」訳文についてこれまでずいぶん憎まれ口を叩いてきたが、今度の岡村訳を読んで、文字通り「いま息をしている言葉」もいいもんだな、と認識を新たにしているところである。「認識を改め」たわけではない。岡村訳が例外的に成功している、と言いたいだけだ。いずれこの新訳についてきちんと書くつもりだが、今はなぜ頭が混乱してきたか、について説明する。

 岡村訳を読みながら、そういえば昔ウナムーノの『ドン・キホーテとサンチョの生涯』(法政大学出版局版著作集)を訳したわい、そればかりかオルテガの『ドン・キホーテをめぐる思索』(未来社刊)も、いやいや訳書だけでなく『ドン・キホーテの哲学』(講談社現代新書)なんて本も書いたんだっけ、と思い出し(?)、さあそれからが大変。つまり慌ててそれらを読み直そうとしたのはいいが、さらに大江の健ちゃんの『憂い顔の童子』(講談社)までもが目に入り、それら全部を同時に読み進めよう、なんて無茶やったもんだから、頭が混乱してきたわけ。前の四著はともかく、かつての教え子の秋山さんが「絶望的にむつかしい」とぼやいた大江さん(と親しいわけではないが、なぜか彼をさん呼ばわりする)の「絶望的」なまでに錯綜した『憂い顔の童子』ですっかり頭のゼンマイがトチ狂ってしまったのである。

 それでも『キホーテ神父』はどうにか読み切ったが、さてこれからどうしたものか。一冊ずつ読み終えてから次のに取り掛かろうか。

 ともかく頭を整理するためには手仕事がいちばん、と810ページもある大冊岡村『ドン・キホーテ』(A5版)をビロード(今じゃベルベットと言うらしい)で装丁し直し、世界に一つしかない美本に様変わりさせたりなどして、何とか精神の安定を得ることができた。でも頂いたからいいようなものの、これを大枚一万円で買うとしたらちょっと考えてしまう。しかし私のしたように、これをベルベットで表装するなり背革にするなりして家宝にする手もある。将来、私とは縁を切った例の文庫から分冊再版されたら、若い読者層にも手に入れやすくなるだろう、なんて余計な心配までしている。

 とにかく『ドン・キホーテ』は不朽の、そして不世出の傑作であることを声を大にして叫びたい(なにを今さら)。皆さんもお手元ににあれば、そしてもしなければ何とか手に入れて、ぜひお読みください。確かに新しい世界が見えてきます。

※ 蛇足にしては立野さんに申し訳ないが、今日の氏からのメールで、あの大作家・大西巨人さんも生涯、古本を製本したり装丁し直したりすることに熱心だったそうである。手が動く限りこれからも古本の再生・蘇生術ばかりか、今回のように新本の装丁し直しを続けようと思ってる私には大いに励みとなるニュースでした。

カテゴリー: モノディアロゴス | 1件のコメント