紫陽花色のソックス


昨日曜日の午後、韓国から小包(EMS)が届いた。前回はKさんなどと頭文字でご紹介したが、終生の友となった彼のことはぜひ本名で呼ばせてほしい。彼もきっと許してくれると信じて。そうヨセフ金永泰さんからの待ちに待った贈り物である。ちょうど頴美も愛もいた時なので、三人で包みを開いた。目に飛び込んできたのは、永泰さんが美子と私のために毛糸で編んでくれた4足の素敵なソックス。私など編み物などしたことはないが、その私でもこれが手練れの編み師の作であることは一目で分かる。

人さまからのもらい物を自慢したことはないが、しかし今回だけはぜひご紹介したい。先ずは写真でお眼にかけよう。(いつもの通りクリックすると大きくなります)

永泰さんの説明によると、編み物を始めたのは2年ほど前からで、幼い頃母上がいつも編み物をしているのを見て育ったせいか興味を持ち,グーグルのサイトやユーチューブ動画で習ったそうである。

さらにこうも言っておられる。

「奇しき因縁でしょうか,母は当時,隣に住んでいた日本人の奥さんに編物を習ったと言ってました。」

美子は寝たきりのため血の循環が悪く、時おり、特に左足先が冷たくなっていることがあり、これから重宝しますという当方のメールに対して「何よりも,よしこ様に少しでも助けになるのであれば,逆に私の方が感謝します。」

ごらんの通り写真上の二足は私のため、下の二足が美子のためであるが、美子のためになぜその二色を選んだかは、以前のメールでこう説明していた。

「初の作品はマリア美子様の靴下です。

〝幼い肉声が坂道を降りていく。急に視界がぼやけ、鼻根が熱くなった。あの幼女はいつか思い出すだろうか、曇り空の公園のベンチに坐って自分の踊りを見てくれたあの老夫婦を。すべての思い煩いから解き放たれて、一瞬の中に永遠をかいま見たあの老夫婦のことを。あれは大震災のあった年の夏の初め、公園を囲む土手に、むらさき、薄むらさき、そして薄いピンクの紫陽花が咲いていたあの午後の公園のことを。”

先生様の「原発禍を生きる」七月二日の文章の中であの夏の初めの色が胸に深く残っており選択をしました。わたしはあじさいが好きです」。

どうです、引用されている私より彼の方が遥かに詩人ではないだろうか。しかもこれは永泰さんが日本語版を手に入れる前、つまり韓国語版からの翻訳なのだ。

写真では読みにくいが、名札状の紙片には、「その年の夏、夜ノ森公園のアジサイ。マリア・ベルナデッタ美子様」、そして「呑空庵の恋歌 フランシスコ・孝先生様」とある。

参りました、脱帽です。美子も私もさっそくソックスを履きました、美子は薄紫色、私は濃いめのチャコールグレーを。

永泰さん、ありがとうございます、今年の冬はお陰様で暖かく過ごせます。毛糸のソックスのおかげでもありますが、それ以上に永泰さんの愛情あふれる温かな思いやりに包まれて。

カテゴリー: モノディアロゴス | 2件のコメント

平和構築のための強力な布陣


先月28日の「近況ご報告」で最近知り合った韓国のKさんについてご報告したあと、もう一方(ひとかた)について話を進める前にホセ・マリア・シシリアさんとの「思いがけない再会」を語ったまま、いつの間にか月が替わって、今日ははや12日。もちろんその間いろんなことがあったが、中でもスペイン大使館での「いま、ウナムーノを問う」展が大成功のうちに終了したことを挙げなければなるまい。安倍さんからのご報告によれば、最終的な来館者数2,800人。先行したサラマンカ大学での来館者を大きく上回ったそうで、ただただ遠方から気持ちだけの応援しかできなかった私も大きな喜びと、そして勇気をいただいた。本国スペインでも、この日本のウナムーノ・ルネッサンスにはさぞかし驚いていることであろう。

さてお約束通り最近知り合ったというのではなく約四十年ぶりにメールでの再会を果たした方(かた)について語ろう。先月20日のことだが、思いがけなくスペインはセビーリャからこんなメールが飛び込んできた。

「おなつかしい佐々木先生、                           清泉女子大学スペイン語科の学生でした高原三枝です。覚えていてくださいますか? 私はいつも先生のこと、奥様のことを思い出してお祈りしています。今はセビーリャのカルメル会にいます。1998年から来ていますので今年でもう20年になります。先生にメールをお書きしたいのですがアドレスを教えていただけますか?  お返事をお待ちしつつ、、、  お祈りのうちにいつも一致して  テレサ 高原三枝」

私は昭和45年の四月から清泉の教壇に立ったから、その年入学した高原さんは最初の教え子だったわけだ。昭和49(1974)年に卒業してからの彼女の動向は記憶にないが、彼女が昭和55(1980)年に山口のカルメル会修道院に入ったことは当時大学の広報紙に書いた次の文章からもはっきりしている。今度の話にも関係あることなので、全文コピーしよう。

★スペイン神秘主義探訪の旅★

いつか正面きってスぺイン神秘主義とぶつからなくてはと思いつつも、なにやかやと雑用が重なり、というより生来のなまけくせが災いして、一日延ばしにのばしてきた。それがこの夏、いろいろな条件が重なってスぺインに行くことになった。六年ぶりのスぺインである。聖テレジアの著作も、十字架の聖ヨハネの著作もまともに読まず、ましてや研究書のたぐいもただ研究室の棚をうめるだけの状態で内心忸怩たるものがあったが、何はともあれ神秘主義の生まれた土地を見ることから始めようと、重い腰をあげることにした。ついでにと言ってはなんだが、この際女房と二人の子供も連れて行くことにした。浮世の重いしがらみを引きつれての神秘主義探訪、と話はいささか滑稽さを通り越して或る悲壮感さえ漂わせはじめるが、言い出した以上後には引けない。それにいまの私には、この形がいかにも似つかわしいと思えたからである。

つまり神秘主義に対する私の興味は、どう考えても神学的でもなければ、広義の学問的関心でもなさそうだからだ。それでは何か、と問われれば返事に窮するが、あえて言えばきわめて人間的、主体的な関心とでも言えようか。つまり生き方の問題としての興味である。この十数年間、曲がりなりにもスぺイン思想とつき合ってきての私の結論に、スペイン思想の骨格はその個人主義と神秘主義であり、それら二つはスぺイン的生の思想に収斂するというのがあるが、その神秘主義がどうにも分かりにくい、というより、青年期のある時点から勝手に判断停止をきめこんで棚上げにしてきた問題が、神秘主義と深くかかわっているということだろう。ところで判断停止のころの私ならいざ知らず、いまの私は女房と二人の子供と共にあくせく生きている私である。ならばこのしがらみを引きつれてカルメル山の、せめて麓をさまよってくるのも一興ではなかろうか。

かくして、サラマンカ大学でスぺイン語研修をする学生・社会人のグループとセビーリャで別れて、一家四人の旅は始まった。フォード・フィエスタというにぎやかな名前の黄色い車を借りて、まずは『プラテーロと私』の町モゲール、コロンブスの船出したパロスの港、ふたたびセビーリャを回ってアラルコン『三角帽子』の町アルコス・デ・ラ・フロンテーラ。十字架の聖ヨハネのゆかりの地ウべダ、バエサ、べアス・デ・セグーラ、ついでにアルバセテを通ってドン・キホーテの舞台カンポ・デ・クリプターナ、グアダラハラ近郊イリエパルのカルメル会修道院、パストラーナの修道院、ソリアを通って聖イグナチオや聖フランシスコ・ザビエルの故郷パンプローナ、ハビエル城、ロヨラ、そしてシスター・ガライサバルのいるセストーナ、シスター・ネゲルエラの働いておられるサンタンデール、ヒホンを通ってラ・コルーニャのカルメル会修道院、サンティアーゴ・デ・コンポステーラ、聖テレジアの町アビラ、十字架の聖ヨハネの生誕の他フォンティべロス、その遺体のあるセゴビア……そして最後にサラマンカ。走行距離約四千五目キロ。

この旅行で体験したすべてのことについていまだ頭の整理はできていないが、荒涼たる岩山、酷暑に耐えるオリーブやひまわり畑、地中海とはガラリと趣きの異なるカンタブリアの海辺を走った肉体は、スぺインの大地の感覚をしっかり刻みこんだようだ。いやそれにもまして各地で出会った人たちの温かさ、寛大さ、親切は忘れようにも忘れることができない。茫漠たる高原の中のイリエパル・カルメル会修道院のシスターたち、まるで肉親を迎えるように歓迎してくださったセストーナの人たち、別れの朝、それまで関節炎で寝ていたシスターまでが起き出して全員で歌をうたってくださったラ・コルーニャのシスターたち……いま想い出しても胸が熱くなる。

この九月、第二一期卒業の高原三枝さんが山口のカルメル会修道院に入る。ラ・コルーニャから私たち一家の帰り旅を見守ってくれた高さ五Oセンチほどの聖ヨゼフの御像が、今度は彼女を無事山口まで送りとどけてくれるであろう。(「おとずれ」、昭和五五年十一月十日号、『スペイン精神史の森の中で』所収)

実はこの短文を読み返すまで最後のくだり、つまりスペインから聖ヨゼフの像を持ち帰って、それを高原さんに託したことはすっかり記憶から消えていた。訪問先のラ・コルーニャの修道院で、教え子の一人がこんど山口のカルメル会に入ると教えたので、それならこの像を、と託されたものらしい。

それにしてもなぜ今回メールを出すことになったかは、次便で言うにはカトリック新聞9月16日号のウナムーノ関連の記事の最後に私たち夫婦のことが目に入ったかららしい。とにかく20年前からセビーリャの修道院にいたとは驚きである。彼女がなぜカルメル会に、という疑問もその家庭環境、つまり四人きょうだいの長姉が先にその修道会に入っていたことで納得。実は前述の短文からもお分かりのように、各地のカルメル会修道院歴訪の旅で出発点のセビーリャの修道院を訪ねる機会を逸したのは返す返すも残念である。

その1980年の家族旅行中、当時小五だった双子の息子・娘の唯一の課題として、旅日記を付けることを義務づけたが、それをワープロ印刷で製本したものが『淳と敦子のスペイン日記』として残っている。これによると、ホテル「ポルタ・チェリ(ラテン語で天国の門の意)」で水が中(あた)ったのか私以外の三人が下痢になって、セビーリャ見物どころではなかったらしい。

ご存知と思うが、修道会には大きく分けて活動修道会と観想修道会の二つがあり、例えば函館の有名なトラピスト(正式名はシトー会)などは観想修道会だし、高原さんのいるカルメル会も観想修道会である。つまり街中で布教や学校経営などをする活動修道会とはちがって、人里離れたところで労働と祈りに明け暮れるのが観想修道会である。今シトー会の名が出たが、実は呑空庵代々木初台支部の中野恵子さんの妹さんはそのシトー会の修道女となって現在アイルランドのコークというところにお住まいらしい。

「紡ぎ人」を自称・自認する私としては、セビーリャとコークでそれぞれ修道生活をしているお二人を結び付けたく、中野恵子さんを仲介者としてこの度目出たくお二人が繋がったようだ。それにしても片やスペイン片やアイルランドと、日本女性も俗世間だけでなく労働と祈りに明け暮れる聖空間でも世界中で活躍されているというのは実に頼もしい。もちろん私の願いは、彼女たちの強力な祈りによって真の世界平和実現のための橋頭保になっていただくことである。そのための手がかりにしていただこうと先日セビーリャに豆本「平和菌の歌」のスペイン語版3冊と日本語版1冊を送ったところ、今日セビーリャからこんな嬉しいメールが届いた。

「昨日、10日、無事豆本4冊の入った封筒が届きました。ありがとうございました。普段より日数がかかりましたが確かに届きましたのでご安心ください。               なんとかわいいのでしょう!一つ一つ手作りで、心を込めてお作りになったことがひしひしと伝わってきます。休憩時間に姉妹がたにもお見せしたら、皆、歓声を上げていました。スペイン語の版と日本語版を比べながら興味津々の様子、先生にもお目にかけたかったです。これから少しずつ、回し読みしたり、お知り合いの方に差し上げたりしたいと思っています。核廃絶、世界平和のために先生とご一緒にお祈りをお捧げいたします。お母さまのお言葉、私もいつも心に留めていたいと思います。                    では取り急ぎ、豆本が無事届いたことのご報告と心からの感謝を込めて、、、。テレサ」

文中「お母さまのお言葉」とあるのは、カルペ・ディエムの歌詞にあるばっぱさんの遺言「しっかり、そしてまじめに」のことである。

ここまで書いて少々疲れました。彼女については、韓国のKさんともども、これからいろいろご紹介したいのですが、今日はこの辺で止めましょう。

カテゴリー: モノディアロゴス | 1件のコメント